カタログ請求 カタログ請求 会員登録 会員登録

BLOG・COLUMN

スタッフブログ・家づくりコラム
2022.9.20

無垢の床

  • スタッフブログ

皆様 こんにちは。

営業部の星川と申します。

 

本日は無垢の床材についてご紹介させて頂きます。

まずは弊社の標準仕様でお選びいただけるフローリングの写真を紹介させて頂きます。

 

 

続いて無垢の床材をご紹介させて頂きます。
無垢にも種類によっては金額が変わってきます。

まずは突板張りをご紹介させて頂きます。

ベニヤの表面に1mm以下の本物の木が貼ってある床材を突板張りといいます。

実際無垢材を選んで頂く方は突板張りが多いです。

オプションにはなりますが、金額も一番安価に変更可能です。
イメージの写真をご案内させて頂きます。

 

 

 

また、表面だけではなく、全てを無垢にすることも可能です。
全て無垢にした場合は突板張りよりは金額は高くなってしまいます。
こちらもイメージの写真をご案内させて頂きます。

 

また、ひき板といって、ベニヤの上に10㎜~20㎜程の木が貼ってあるタイプの床材もございます。
ひき板はこれまで出てきた中で一番金額が高くなってしまいますが、厚い板のような木材が貼ってあるので、傷がつきにくいですし、
踏んだ感触も厚みがありますので、踏み心地が良いです。

 

 

また、無垢ではありませんが、フローリングでおすすめの床材がございます。
トリニティという商品名です。イメージの写真をご紹介させて頂きます。

一つ一つの板の幅が厚く、溝がある珍しい床材となります。
幅が広いため見た目も良いですし、踏み心地も良く、高級感のある床材でとても人気です。

 

 

 

一宮の猿海道にある展示場に突板、ひき板、トリニティ全部ございますので是非展示場で見て頂くといいと思います。

 

本日は以上となります。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。