WORKS

施工事例

木のぬくもりと開放感を愉しむ

vol.67

  • 和モダンで仕上げた「木のぬくもりを感じられる家」。LDKの天井と床に杉の無垢材を使用し、統一感のある空間にまとめました。吹き抜けには化粧柱と大開口のサッシを設け、空間の広がりを演出。造り付けのリビングボードと無垢の一枚板の食卓机が、優しい木のぬくもりを感じさせる住まいです。

  • 【外観】軒の出を深めに取り、日本家屋らしさを演出しました。軒下の木目調格子によって、しっとりした表情が加わりました。

    【外観】建物の外観に合わせて、エクステリアも純和風に。丸窓や狭間のようなブロックを擁した白壁の塀が取り囲み、まるでお城の様な仕上がりです。

  • 【玄関】伝統的な和風建築の特徴の一つでもある格子戸を採用した玄関。格子の間から光を取り込むことができ、プライバシーを守りながらも、家の外と中をゆるやかにつないでいます。

  • 【玄関ホール】玄関収納は壁付けにし、下部に玉砂利を敷き詰めました。半円型のニッチを合わせて、細部まで和の装いに。内部の竹は、イメージ合うものを設計士が探し出してきました。

  • 【LDK】天井、床、テーブルには、肌触りの良い杉の無垢材を使用。木材の香りが漂う、柔らかな雰囲気のリビングとなりました。

    【リビング】TVボード裏面は壁ではなく、等間隔の化粧柱を施しました。隙間をつくることで開放が生まれ、ゾーニングにしても空間が狭まることがありません。

  • 【パントリー】食材のストックは勿論、冷蔵庫まで収納できるパントリーです。引き戸を閉めれば全てを隠すことができ、キッチン周りをいつもスッキリと整えておけます。

    【吹抜け】吹き抜け部分には格子窓を設置。リビングの冷暖房を妨げないようにガラスを入れました。階下の広い空間が伺えることで、廊下の圧迫感が軽減される効果もあります。

  • 【和室】ダークカラーの壁紙でアクセントを付けたモダンな佇まいの和室。間接照明がほんのりと照らし、スタイリッシュで風情漂う仕上がりとなりました。

  • 【階段ホール】階段ホールからリビングを見下ろしたところ。LDKと2階が吹き抜けで繋がっており、どこに居ても家族の気配を感じることができます。