1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2019年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • やすらぎの暮らし

    2019.05.13 Mon

    こんにちは。
    広報企画部  南口  と申します。
     
    家を建てるという事は人生の中でも大きな出来事の一つです。
     
    夢がいっぱい詰まった住まいだからこそ もう一歩踏み込んで
    これからの暮らしに彩りをそえる 自然の色 癒しの色が愉しめる工夫をしてみませんか。
     
     
     
    空にかかる「虹」や春に彩る「はなもも」
    「はなもも」って木は不思議ですね 一本の木から ピンクや白の花 余談ですが・・・。
     
     
     
    住まいは建物のみでは無く 敷地を含めた外構等も一体で計画しましょう。
     
    そんな中で 自分の敷地内はもちろん 
    住いづくりの中にはピクチヤーウィンドを工夫したり借景を利用したり
    いろいろな手法があります。
     
     
    四季折りに変化する 日本の気候で 片隅に咲く 花や 若葉、薫 季節の植栽に
    人は 癒され やすらぎを覚えるものです。
    自然の持つ色に 普段の生活には無いやすらぎを感じる事も有るのではないでしょうか。
     
    住まいもハード面のみにとどまらず 
    暮らしスタイルから考えてみると愉しみも倍増します。
     
    広報企画部 南口
  • 里山の古民家

    2019.05.03 Fri

    こんにちは。

    営業部の萩原です。

     

    いよいよ令和の時代が来ましたね。

    平和の続く良き時代になります事を願ってます。

     

    先日の休みに、岐阜県各務原市川島の河川環境楽園へ行ってきました。

    高速道路からも直接アクセスでき、淡水魚水族館や木曽川の情景を再現した

    水園エリアがあります。

     

    その木曽川水園エリアの中、水辺近くに萱葺きの農家があります。

    その姿は懐かしい日本の里山の古民家そのものという風情です。

     

     

    古民家の中に入ると、広い土間の右手側に釜戸、左手が吹き抜けの居間です。

    居間の板間には天井吹き抜けの囲炉裏があり、壁際に水屋箪笥が置いてあります。

    萱ふき屋根の下は、つい日なたぼっこしたくなるような縁側です。

     

     

    この気持ちは何なのでしょう?

    心が落ち着いて優しくなれるんですね。

    自然を感じながら、まったりと過ごしたいという気持ちになるんです!

     

    そんな気持ちが感じられる「懐かしいけれども新しい現代民家」

    が身近にあるのをご存じですか?

    それは一宮市今伊勢町の「現代民家 萱の郷」です。

     

    特徴としては・・・

    玄関続きの土間は和室まで続きで、リビングには囲炉裏があります。

    リビングとダイニングの大きな掃出し窓に面している中庭は、

    まさに大きな縁側という感じです。

    階段は情緒深い鉄製のストリップ階段。

    2階の天井まで広がる吹き抜けと大きな梁は、古民家の天井の雰囲気を演出しています。

     

     

     

    「百聞は一見にしかず」です。

    当社の現代民家へ是非一度お越しになってみてはいかがでしょうか。

     

    萩原

  • 最新家電『popIn Aladdin』

    2019.04.29 Mon

    こんにちは。

    営業部の後藤です。

     

    10連休のGWが始まりました。 皆様予定はお決まりですか?

    まだ、何も決まっていない方に朗報です。

     

     

    最新家電『popIn Aladdin(ポップイン アラジン)を紹介したいと思います。

    popIn Aladdinとは世界初のプロジェクター付きシーリングライトです。

    アメトークの家電芸人で紹介され存在は知っていましたが、

    今回お引渡しさせて頂いたお客様のご自宅に施工させて頂きました。

     

    ※勾配天井の為吊るしてあります。

     

    プロジェクター付きのシーリングライトで

    YouTube・AbemaTV・Amazonプライム・Nrtflixなど様々なエンタメを楽しむことができます。

    また、スマートフォンの画面をミラーリングしたり、地上波のTV番組を見ることもできます。

     

     

    最大120インチの投影ができご自宅を映画館のようにすることができます。

    余談ですが、映画館は音響もすごいですが、多くの映画館は天井・床・壁の全てを吸音構造になっています。

    余計な音を吸収し素の音を邪魔しないためです。

    確かに映画館の壁はふかふかしていますよね!

     

    三昭堂の断熱材はアクアフォームを採用しており、吸音性が優れています。

    そのため映画館のような空間を再現することができました。

     

     

    取付け方法は簡単です。シーリングライトの取付けと同じ要領です。

    ですので、今あるシーリングライトを取り外しそのまま付けることができます。

    投影レンズの向きさえ合っていれば、投影された歪みなどは後の設定で直すことができます。

     

    高スペックで申し分ないです。

     

     

    TVとシーリングライトを購入するのであれば、

    popIn Aladdinを8万円で購入した方が魅力的だと個人的に思いました。

     

    最新家電を加味した間取り・マイホーム造りを一緒にしてみませんか?

     

    後藤

     

  • 太陽光発電システム

    2019.04.23 Tue

    こんにちは。
    営業部の北野です。
     
    平成も残すところ後りわずかとなりました。
     
    気温も暖かくなり、天気が良い日は
    日差しも心地よくお出かけ日和ですね。
     
    私も天気が良い日は、とても嬉しい気持ちになります。
    その理由は、自宅の太陽光発電システムが発電してくれるからです。
     
    太陽光発電システムの良さは
    日中は発電した電力を使用して電力会社から購入する電力が少なくなる点と
    余った電力は、電力会社に買取って頂けますので売電収入がもらえる点です。
     
     
     
     
    中部電力の「カテエネ」は
    毎月の電気代と売電収入が確認できますし、
    電気代が多かった月日、売電収入が多かった月日も確認することができる
    とても素敵なサービスです。
     
     
     
     
     
     
    過去に遡って記録の確認ができますので、私の自宅の売電収入に
    ご興味頂けましたら是非、長久手展示場までお越し下さい。
     
     
    皆様の御来場お待ちしております。
     
    北野
     
  • タイルのある暮らし

    2019.04.16 Tue

    こんにちは。

    設計部の古川です。

     

    先日の休みを利用して

    岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアムに行ってきました。

     

    岐阜県多治見市は施釉磁器発祥の地で、現在も生産量が全国一だそうです。

    モザイクタイルミュージアムでは名産のタイルを利用したアートやタイルの歴史、

    様々な利用方法等を見ることが出来ます。

    また、ミュージアムの設計を建築家の藤森照信氏が担当したことでも知られています。

    展示品だけでなく、ミュージアムの建築自体も楽しむことが出来ます。

     

     

     

     

    展示の最後には建築向けのタイルの提案を受けられるショールームがあります。 

     

     

    タイルは建築の内装、外装ともに古くから使われてきた生活に根付いた素材の一つで、

    機能性とデザインを兼ね備えた優秀な建材です。

     

    こちらでは様々な機能をもったタイルや個性的なデザインのタイルが多く展示されていますので、

    来場した際にはこちらも見て頂くとタイルに触れる楽しみが広がると思います。

     

     

     

    古くは水回りの内装材として使われることが多かったタイルですが、

    現在は外観やインテリアのポイントとして使われることが多くなっています。

     

     

     

    タイルを使った空間の提案もたくさんありますので、

    家づくりを考えるタイミングで行くと参考になる部分が多くあるかと思います。

     

    美術館としても十分に楽しむことが出来るモザイクタイルミュージアムですが、

    お家づくりをされている時に見て頂くと違った見方が出来て魅力が増すと思いますので

    機会があればぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。

     

    古川

PC表示に切り替える