1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2019年4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • 最新家電『popIn Aladdin』

    2019.04.29 Mon

    こんにちは。

    営業部の後藤です。

     

    10連休のGWが始まりました。 皆様予定はお決まりですか?

    まだ、何も決まっていない方に朗報です。

     

     

    最新家電『popIn Aladdin(ポップイン アラジン)を紹介したいと思います。

    popIn Aladdinとは世界初のプロジェクター付きシーリングライトです。

    アメトークの家電芸人で紹介され存在は知っていましたが、

    今回お引渡しさせて頂いたお客様のご自宅に施工させて頂きました。

     

    ※勾配天井の為吊るしてあります。

     

    プロジェクター付きのシーリングライトで

    YouTube・AbemaTV・Amazonプライム・Nrtflixなど様々なエンタメを楽しむことができます。

    また、スマートフォンの画面をミラーリングしたり、地上波のTV番組を見ることもできます。

     

     

    最大120インチの投影ができご自宅を映画館のようにすることができます。

    余談ですが、映画館は音響もすごいですが、多くの映画館は天井・床・壁の全てを吸音構造になっています。

    余計な音を吸収し素の音を邪魔しないためです。

    確かに映画館の壁はふかふかしていますよね!

     

    三昭堂の断熱材はアクアフォームを採用しており、吸音性が優れています。

    そのため映画館のような空間を再現することができました。

     

     

    取付け方法は簡単です。シーリングライトの取付けと同じ要領です。

    ですので、今あるシーリングライトを取り外しそのまま付けることができます。

    投影レンズの向きさえ合っていれば、投影された歪みなどは後の設定で直すことができます。

     

    高スペックで申し分ないです。

     

     

    TVとシーリングライトを購入するのであれば、

    popIn Aladdinを8万円で購入した方が魅力的だと個人的に思いました。

     

    最新家電を加味した間取り・マイホーム造りを一緒にしてみませんか?

     

    後藤

     

  • 太陽光発電システム

    2019.04.23 Tue

    こんにちは。
    営業部の北野です。
     
    平成も残すところ後りわずかとなりました。
     
    気温も暖かくなり、天気が良い日は
    日差しも心地よくお出かけ日和ですね。
     
    私も天気が良い日は、とても嬉しい気持ちになります。
    その理由は、自宅の太陽光発電システムが発電してくれるからです。
     
    太陽光発電システムの良さは
    日中は発電した電力を使用して電力会社から購入する電力が少なくなる点と
    余った電力は、電力会社に買取って頂けますので売電収入がもらえる点です。
     
     
     
     
    中部電力の「カテエネ」は
    毎月の電気代と売電収入が確認できますし、
    電気代が多かった月日、売電収入が多かった月日も確認することができる
    とても素敵なサービスです。
     
     
     
     
     
     
    過去に遡って記録の確認ができますので、私の自宅の売電収入に
    ご興味頂けましたら是非、長久手展示場までお越し下さい。
     
     
    皆様の御来場お待ちしております。
     
    北野
     
  • 注文住宅でのこだわりポイントは?

    2019.04.18 Thu

    「初めて購入する注文住宅だから、失敗したくない」、「生涯住み続ける家だから、間取りにはこだわりたい」、「料理好きなので、使いやすいキッチンにしたい」、「子どもの成長や独立なども考えて間取りを考えたい」、「忙しいので、動線のよい住まいにしたい」など、注文住宅の購入を考えるときには、さまざまな悩みやこだわりがあることでしょう。 そんな方のために、実際に注文住宅を購入した方のこだわったポイントをご紹介します。併せて、おすすめのこだわりポイントや失敗しやすいこだわりポイントなどもご紹介します。これから住宅を計画される方の参考にしていただければ幸いです。

    こだわりのアンケート結果

    注文住宅でこだわりたいポイントは?

    注文住宅を実際に建てた方へのアンケート調査によると、「間取りにこだわった」という方が一番多いようです。以前、建売住宅に住んでいた方は、「部屋数は多かったけれど、そのせいでひとつひとつの部屋が狭かった」ということがあって、注文住宅では、部屋数を減らしてゆったりしたスペースを確保しました。家族の集まるリビングやゆっくり休みたい寝室は、くつろげる空間にしたいので、広めにしたという方もいます。お子さんがいる方は、成長したときのことを考えて間取りを考えたそうです。 間取りに次いで多かったこだわりポイントは、「収納」です。住宅を建てる前に賃貸物件に住んでいた方は、収納スペースが少なくて苦労したそうです。注文住宅では、特に収納スペースを多く確保できるようにしました。中には、床下を活用して収納庫を作った方もいます。 こだわりポイントの3番目は、「キッチン」です。毎日使うところなので、こだわりを持つ方も少なくありません。使いやすさ、効率良く料理できることを重視した方、キッチン収納も充実させた広めのキッチンにした方、理想のオープンキッチンにした方などがいます。また、ご自分の身長に合わせてキッチンを作り上げた方もいました。

    こだわって損はない!おすすめのこだわりポイント

    おすすめのこだわりアイデアや成功事例を紹介。 注文住宅の間取りで、特に洋室だけでまとめたい方には不向きかもしれませんが、リビングとつながる和室を設けるというのは一考の価値があります。引き戸を閉めるとリビングと和室が独立した空間になり、引き戸を開けると、リビングを広く使うことができます。独立したリビングと和室を作るより、引き戸によって手軽に間取りを変更できることで用途や人数に合わせた使い方が可能になります。 キッチンにこだわる方は多いのですが、リビングダイニングキッチンであれば、対面式キッチンにするのがおすすめです。料理をしながらリビングの様子がうかがえるので、小さなお子さんをお持ちの方でも安心です。リビングの家族やお客さまとも会話しながら料理できるのがメリットです。対面式キッチンにされた方からは、孤立感なく、楽しく炊事ができると喜ばれています。 また、収納に関しては、ウォークインクローゼットがおすすめです。広々としたクローゼットにすることで、そのまま着替えができます。リビングなどの見えるところに衣類が散乱するということもありません。家族一人一人のウォークインクローゼットを設ける方もいますが、家族共用のファミリークローゼットにする方も増えています。収納家具が要らなくなった分、部屋を広く使うことができるのが嬉しいポイントです。 ご家族の多い方には、ウォークイン玄関収納も便利です。人数が多くなると履物も散乱しがちです。靴だけでなく、傘やベビーカー、自転車なども簡単に収納するスペースを作ることができます。実際に使っている方の中には、趣味のガーデニング用品なども収納できると喜ばれています。

    要注意!失敗しやすいこだわりポイント!

    注文住宅を建てる場合のこだわりポイントとして「収納」を挙げる回答が多いのですが、こだわりすぎて失敗する方もいます。例えば、広めのウォークインクローゼットを作ったのはいいけれど、タンスを2個並べる予定が数センチ部屋の幅が足りず、結局タンス1個は他の部屋に設置することになってしまったというケースがあります。間取りを考える場合には、部屋に設置する家具などの寸法もきちんと測っておく必要があります。 また、せっかく大きな床下収納を作ったのに、奥の方から物を探すときに暗くて、いちいち懐中電灯で照らす必要があるという失敗をした方もいます。広め広めというこだわりは良いのですが、使うときのことを考えて、床下に小窓を作るとか、照明をつけておくなどすればよかったと後悔しています。 リビングを広く取りたいために玄関を狭くしてしまい、天井まである収納スペースの圧迫感が気になっている方もいます。天井近くまで有効利用するつもりだったそうですが、ある程度余裕のある空間でないと窮屈な感じがします。 そのほか、浴室を道路に面したが側に作って、子どもが騒ぐ声が外を通る人に丸聞こえになってしまって失敗したという方もいます。2階の子ども部屋をフローリングにしたために、1階のリビングに響いてしまうなど、生活音などに関する失敗をした方は少なくありません。 図面をみながら、生活音が気になる部屋はどこか、1階と2階を重ねてみて、音が気になるようなところはないか、道路沿いへの音漏れなども考える必要があります。

    まとめ

    注文住宅を建てるにあたって間取りを考えることは、人生でそう何度もあるわけではありません。こだわりを持つあまり、使用感を想像してみることなしに突っ走ってしまうと、後悔することにもなりかねません。広いリビングに憧れて必要以上のサイズにしたら、空調などの電気代も高額になってしまいます。また、コンセントなどの細部をないがしろにすると、掃除するときに、掃除機が部屋の隅々まで届かないなどという失敗にもつながりかねません。 部屋や収納スペースの広さは、その用途を考えた上でスペース配分する必要があるでしょう。また、すべてのこだわりを実現することは難しいので、こだわりに優先順位を付けることも必要です。 実際に住み始めてから「失敗した!」ということがないように、営業担当や設計担当に相談し、綿密に打ち合わせをして、理想の住宅を手に入れてください。ご紹介したおすすめのこだわりポイントや、失敗しやすいこだわりポイントなどをぜひ参考にしてください。

  • タイルのある暮らし

    2019.04.16 Tue

    こんにちは。

    設計部の古川です。

     

    先日の休みを利用して

    岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアムに行ってきました。

     

    岐阜県多治見市は施釉磁器発祥の地で、現在も生産量が全国一だそうです。

    モザイクタイルミュージアムでは名産のタイルを利用したアートやタイルの歴史、

    様々な利用方法等を見ることが出来ます。

    また、ミュージアムの設計を建築家の藤森照信氏が担当したことでも知られています。

    展示品だけでなく、ミュージアムの建築自体も楽しむことが出来ます。

     

     

     

     

    展示の最後には建築向けのタイルの提案を受けられるショールームがあります。 

     

     

    タイルは建築の内装、外装ともに古くから使われてきた生活に根付いた素材の一つで、

    機能性とデザインを兼ね備えた優秀な建材です。

     

    こちらでは様々な機能をもったタイルや個性的なデザインのタイルが多く展示されていますので、

    来場した際にはこちらも見て頂くとタイルに触れる楽しみが広がると思います。

     

     

     

    古くは水回りの内装材として使われることが多かったタイルですが、

    現在は外観やインテリアのポイントとして使われることが多くなっています。

     

     

     

    タイルを使った空間の提案もたくさんありますので、

    家づくりを考えるタイミングで行くと参考になる部分が多くあるかと思います。

     

    美術館としても十分に楽しむことが出来るモザイクタイルミュージアムですが、

    お家づくりをされている時に見て頂くと違った見方が出来て魅力が増すと思いますので

    機会があればぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。

     

    古川

  • 暖かい展示場

    2019.04.09 Tue

    こんにちは。

    営業部の馬場です。

     

    最近は気温も安定して暖かくなりましたので、

    暖房器具を片づけられた方も少なくないと思います。

     

    毛布なんかも干して押入れの中にしまう時期ですね。

    私も毛布が恋しいですが、そろそろしまいます。

    残念・・・。

     

    ですが、三昭堂の展示場は暖かな空間作りが出来ていて、とても心地よいです。

    夜でも中々冷えず、快適に過ごせています。

    昼間には毛布もなく寝転がれそうですね。

     

     

     

    ご紹介させて頂いたのは本社から近い猿海道沿いの一宮展示場です。

    3枚ガラスの窓や高天井から差し込む光は、LDKに暖かさを演出してくれます。

     

     

     

    約12帖の寝室は大きな窓のおかげで適度な採光がとれています。

    この窓も3枚ガラスに樹脂サッシを使用しているので、温かい空気を外に逃がしません。

     

    窓以外にもお家の断熱性能を上げる工夫が、まだまだあります。

    詳しくは、お会いしたときにお話をさせていただけたらと思います。

     

    三昭堂の暖かく快適な空間をぜひ体感してみてください。

    一宮展示場で皆様のご来場をお待ちしております。

     

    馬場

PC表示に切り替える