1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2018年12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • 寒波到来

    2018.12.28 Fri

    みなさんこんばんは 

    いかがお過ごしですか?

     

    早いもので今年も一年が終わろうとしています。クリスマス、忘年会、大掃除…

    年末はお忙しい時期です。体を壊さないようにして新しい年を迎えたいものですね。

    話が変わりますが、年末年始にかけ最強寒波が到来してきます。

    寒波により給湯器が壊れる場合があります。

    考えられる症状として、次の症状があります。

     

    ①給湯器内部に残った水が凍結し、配管が破損します。
    ②凍結した部分がとけると破損箇所から水漏れが発生します。
    ③内部配線と接続している部品に水がかかり漏電します。
    ④漏電が発生すると電気回路や熱交換器まで故障。機器が漏電を感知し機器内部のブレーカーが落ち、給湯器が停止します。
    ⑤電気回路が故障すると高額な修理代が発生、さらに熱交換器が破損すると熱交換器の取替え修理になります。

     

    そこで簡単な予防策をご紹介させて頂きます。

     

    凍結予防 

    凍結しにくくするために、給湯器配管まわりにヒーターや保温材(断熱材等)を設置すると、効果的です。

    凍結防止グッズはホームセンターやネット通販でも手に入れる事ができます。

    もしお湯が出なくなったりしたら、給湯器を確認してみてください。

     

    それではこれで失礼致します。        

    工事部 中村でした。

  • 冬の大敵 ”結露”

    2018.12.24 Mon

    みなさん、こんにちは!

    工事部 加藤です。

    徐々に寒くなり本格的に冬に入ってきました。

    その冬と言えば、よくご相談があるのは結露です。

     

     

    窓やサッシの周りにびっしりと付く結露

    カビやダニの発生によるアレルギーを引き起こしたり、家の腐食の原因になったりするため、

    そのままにしておくわけにはいきません。

    しかし、忙しい朝に毎日拭き取るのも大変です。

    何とかしたいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

     

    今回は、冬の朝を憂鬱にする結露の対策方法をいくつかご紹介します。

     

    【結露の原因】
    ①室内と屋外の温度差が大きいこと
    ②室内の湿度が高いこと

    大まかには、このような原因が考えられます。

     

    【結露対策】
    結露が発生する前に対策をするのがおススメです。
    ①換気
    結露の原因となる湿気を家の中から追い出すために、換気扇を回しましょう。

    ②除湿
    除湿機や除湿剤を使って、部屋の湿気を吸い取ります。

    ③暖房器具
    石油ストーブ・ガスストーブ・石油ファンヒータ・ガスファンヒータのような暖房器具は、

    燃焼の際に大量の水蒸気を発生させますので、部屋を暖めるたびに部屋の湿度が上がります。

    おすすめとしてエアコンなど電気式の暖房器具を使用すると良いでしょう。

    ④断熱
    外の冷たい空気が家の中に入るのを二重窓(内窓)で防いで結露を軽減させます。

     

     

     

     

    当社は二枚ガラスが標準仕様ですが、三枚ガラスも施工可能です!

     

    当社でも内窓リフォーム〔ご相談、お見積り、施工〕を承っております。
    お近くの営業所等にお気軽に御相談下さい!

     

    工事部 加藤

PC表示に切り替える