1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2018年9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • 窓のお話

    2018.09.26 Wed

    皆さんこんにちは。

    東浦営業所 設計担当の爲計田(いけだ)です。

    9月も終わりに近づき、すっかり涼しくなってきました

    いかがお過ごしでしょうか。

     

    さて今回は設計的なお話として『窓』についてのお話をさせて頂きます。

    家づくりをしていく上で、最初に間取りを考えると思います。

    ここにはこの幅の掃き出し窓を… こっちには小窓を3つ並べて…

    いろいろな考えや使い勝手があって悩んでしまう所ですが、窓に関しての忘れてはいけない要素として

    『取付高さ』があります。

     

    窓取付高さは基本的に『窓の上端が床から何cm』という決め方をしています。

    以前は『窓の上端が床から200cm』が大半でした。

    掃き出し窓の標準高さが200cmなので、他の小窓の取付高さもそれに合わせていました。

     

     

     

     

    それに対して最近増えてきたものとして『高窓』があります。

    ハイサイドライト、天井付き窓などとも呼ぶ事もあります。

    基本的には窓の取付高さを天井まで上げた窓の事です。

     

    この事例は窓の向こう側に道路が隣接しているため、通行人からの視線を気にせず

    採光を取れるように高窓にしています。

    ※天井面の明るさに注意して下さい。

    高窓があるのは北面ですが、十分な外光が入ってきています。

    ●高窓のまとめ① 北面の光と相性がよい 

    (南や西の高窓は、太陽の日射熱が入りすぎる事があります)

     

     

     

     

     

    この事例は2階の廊下と子供室になります。

    どちらの天井も高窓に対しての勾配天井になっています。

    傾斜した天井面に光が伸びていくため、想像以上に明るい空間を作る事ができます。

    ●高窓のまとめ② 勾配天井や高天井と相性がよい 

     

     

     

     

    最後の事例として、水回りの高窓です。

    トイレ、洗面脱衣室ともに、外部からの視線が気になる場所。

    道路に面していたり、お隣りの庭に面している場合は、窓を高窓にしてはどうでしょうか。

    開けていても外から中は見えず、防犯性も高まります。

    室内側のシルエットも写りにくいので、窓のサイズを拡大しても気になりません。

    ●高窓のまとめ③ 暗くなりがちな水回りと相性がよい 

     

     

    高窓の事例を紹介させて頂きました。

    間取りが大体決まったな、と思ったら

    次は『窓の取付高さ』に目を向けて見てはいかがでしょうか

     

    東浦営業所 爲計田

     

  • 東浦 納涼祭

    2018.09.17 Mon

    みなさんこんにちは

     

    東浦展示場で営業をしております伊藤と申します

    今回は、9月8日、9日で開催しました東浦納涼祭をご紹介します

     

     

    ご近所の方や、お家を建てさせて頂いた方々、土日で約100組のたくさんのご来場を頂きました

     

     

    懐かしのスーパーボールすくい

     

     

    ゲット

     

     

    射的もあるよっ

     

     

    最近ではほとんどの住宅メーカーがイベントを行うようになりました

    これから新築計画をお考えの方は、イベントで会社の雰囲気や

    スタッフの雰囲気を感じてみるのもいいかもしれませんね

     

    伊藤

  • 備えあれば 憂いなし!

    2018.09.03 Mon

    みなさん こんにちは!!

    東浦営業所の宮下です。

     

    9月に入り時候は初秋ではありますが、異常気象もありまだまだ暑い日が続いています。

    みなさん体調管理には十分、お気をつけ下さい。

    また、これから注意しなくてはいけないのが『台風』です!

     

    でも?そもそも台風とは何なのでしょうか?

    少し調べてみました

     

    台風とは、“西太平洋・南シナ海”に存在する最大風速17.2m以上の熱帯低気圧とのことです。

     

    ここでポイントですが、

    この領域(西太平洋・南シナ海)で発生したもの以外は全て台風という名前ではないそうなのです

     

    ちなみに、

    ・インド洋・南太平洋で滞在するもの ⇒ サイクロン

    ・北大西洋で滞在するもの ⇒ ハリケーン

    ・1分間の平均から計測された最大風速が33m以上の台風 ⇒ タイフーン

    呼び名の違う熱帯低気圧は、その『滞在場所』『規模』で分かれるそうです。

                                   (日本気象協会HPより)

    調べ出すと色々と知らないことばかりで興味が沸いてきますが、ここまで

     

    どちらにしても

    『備えあれば、憂いなし』です

    この時期だからこそ、家族を守る家造り防災について

    ご家庭で話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

     

    東浦営業所 宮下

PC表示に切り替える