1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • クラック補修

    2019.01.25 Fri


    みなさん こんにちは 工事部 池田です。

     

    毎日寒い日が続き、インフルエンザ等で体調を崩されている方も多いと思います。

    現在色々な薬もあり病気になったら飲まれていると思います。

    建物も色々な所が傷んだりすると思います。

     

    今回はコンクリートのクラック補修についてご紹介させていただきます。

     

     

    ▼ひび割れ補修(Uカット)

     

    1(左写真)Uカット・・・ひび割れ部分にUの字に切り込みを入れます。

    2(右写真)清掃・・・汚れた部分を清掃します。

     

    3(左写真)シールプライマー塗布・・・シール材が付着しやすいようにします。

    4(右写真)シーリング材充填・・・Uカット部分にシールを充填します。

     

    5(左写真)ヘラ押え・・・ヘラで滑らかにします。

    6(右写真)エポキシプライマー塗布・・・樹脂モルタルが付着しやすいようにします。

     

    7(左写真)エポキシ樹脂モルタル充填・・・樹脂モルタルを充填します。

    8(右写真)仕上完了

     

     

     

    ▼ひび割れ補修(低圧注入)

     

    1(左写真)ケレン及び清掃・・・清掃します。

    2(右写真)台座取付・・・ひび割れ部分にエポキシ樹脂が注入出来るように取り付けます。

     

    3(左写真)目止めシール・・・他のひび割れ部分からエポキシ樹脂が漏れないようにシールをうちまs。

    4(右写真)エポキシ樹脂低圧注入・・・注射器(エポキシ樹脂入り)はゴムで圧をかけて注射します。

     

    5低圧注入状況

     

    6(左写真)台座及び目止めシール撤去・・・2~3日後に撤去します。

    7(右写真)完了

     

    お客様の大切な住宅を支える基礎も、補修が必要な際はこのような流れで修復します!

     

     

    工事部 池田

PC表示に切り替える