BLOG・COLUMN

スタッフブログ・家づくりコラム
2018.11.22

注文住宅と分譲住宅、どっちを頼むか悩んだら

  • 家づくりコラム

注文住宅と分譲住宅の違い

一戸建てを手に入れようと思った際には、注文住宅にするべきか、分譲住宅にするべきかをまずは考える必要があります。注文タイプと分譲タイプには、主にどのような違いがあるのかご存知でしょうか。

まず分譲住宅ですが、分譲タイプはマンションやアパートなど、他の人と同じ建物でありながら、生計は全く別という状態の建築物を指します。賃貸タイプの物も多いですが、購入して、自分の部屋として生活をするご家庭もあるようです。売却をする際には、自分の意思で売却手続きを行う事が可能です。また、分譲住宅はマンションタイプだけでは無く、既に建てられている一軒家などを購入する意味としても利用されています。近年ではこちらの意味で使われることが多く、既に建築されている物件を購入するため、比較的安く購入することができる点が特徴でしょう。

次に注文タイプの場合ですが、その名の通り、注文をされてから住宅の建築が行われます。そのため、購入者の希望を最大限取り入れる事が出来、独創的な自分だけの我が家を手に入ることが出来る点が最大の特徴でしょう。自分の希望を全て取り入れることが出来る分、オーダーによっては、非常に高価な値段になってしまいます。金に糸目をつかなければ話は別ですが、ある程度予算がある場合は、事前に注文の際に、デザイナーなどに必ず予算を伝えておくことが大切です。

このように、分譲住宅は既にで出来上がって販売されている物を、注文住宅は、自らが依頼をしてから一から建築をするという課程が、大きいな違いでしょう。それぞれに利点や短所はありますので、比較を行い、自分に合っているタイプの方法で、自宅を建築する依頼をしてみてはいかがでしょうか。

 

注文住宅はオリジナリティがある

注文住宅は分譲住宅とは根本的に異なるタイプの住宅です。それぞれにメリットデメリットがありますが、注文住宅の場合は、オリジナリティーを出せる部分が、最大の利点といえるでしょう。

分譲住宅の場合は、既に建設されている建物を購入するため、キッチンやトイレ、お風呂場など、位置を変更することは出来ません。ですが注文住宅の場合は、全て一から自分で指示をすることが可能です。住宅の構造上、物理的に作ることが出来ないという建築物や、法律に違反する建築物というわけでなければ、自分のアイデア一つで、どんな家でも作ることが出来るのです。

もちろん、こだわりを持つことが出来るのは内装だけではありません。屋根の形や家そのものの形なども、自由自在にこだわりを持つことが出来るのです。車庫の位置や庭の広さなど、与えられている範囲で、デザイナーと相談をしながら自由に決めることが出来ます。自分だけのこだわりの住宅を作ることが出来るのは、注文タイプならではだといえるでしょう。

また、建築の段階で、お風呂に取り付けるバスの種類や、玄関に敷きつめるタイルの種類など、細かい部分にも注文をつけることが可能です。一から自分自身で内装を変えるとなると、膨大な労力と技術力が必要となります。ですが、プロに最初から依頼をしてしまえば、クォリティも保証されています。間違いない出来上がりとなりますので、自分自身で自信が無いという方は、無理をせずに一緒に注文をしてしまうべきでしょう。様々な要望に応えてくれるのが、注文住宅最大のメリットになります。

 

注文住宅はお高い?

注文タイプの住宅は様々な要望に応えてくれる、オリジナルの家を作ることが出来るタイプの住宅です。ですが、分譲住宅に比べると当然、オーダーをする内容によって、金額が大きく異なるでしょう。オーダーの内容が、非常にお金がかかるものばかりであれば、その分当然費用もかかりますが、注文住宅イコール高いと言うわけでは決してありません。オーダーの内容や依頼する企業によって金額は大きく異なりますので、まずは見積もりを出してもらって、企業選びをするところから始めるべきでしょう。

同じオーダー内容でも、企業によって金額差が出来ます。相場があるわけではありませんので当然と言えば当然ですが、ぼったくられてしまう事も多々ありますので、業者選びは非常に重要といえるでしょう。自分のオーダー内容をあらかた企業に伝えた後、まずは見積もりを出してもらい、見積もりを他の業者と比較するようにしてください。見積もりよりも更にプラスして料金が発生する企業もありますので、見積もり以上にかかる金額があるかどうかも、見積もりを出してもらった段階でチェックしておきましょう。最高でいくらかかる可能性があるのかを出してもらうことが大切です。

また、最初のうちに予算を提示しておいて、その金額の中でやれることを模索するという方法もおすすめです。最初のうちはどの金額でどの程度のことが出来るのかがわからないかと思うので、逐一企業の方と相談をしていきましょう。あまりにも無理な相談は難しいですが、工夫をして、それに近い提案をしてくれる企業も少なくありません。