BLOG・COLUMN

スタッフブログ・家づくりコラム
2018.11.22

名古屋でデザイン住宅を建てよう

  • 家づくりコラム

デザイン住宅でこだわるべきポイントとは?

デザイン住宅を建てる際、人それぞれこだわりがあります。住宅の種類の中でもデザイン住宅はオーダーメイドでこだわりを活かせるのが特徴的ですが、中にはどこを重点的にこだわろうか迷っている人もいるのではないでしょうか。そういった人のために、失敗したと後悔しないためにも、いくつかのこだわりポイントについて話します。

まず、1つ目はデザインです。例えば分譲住宅はデザインなどが既に決められている場合がほとんどです。その為、自分でデザインした住宅を実現させるというのは難しいと言われています。飽きない家をつくりあげるためにも理想的なデザインをすることは大切ですが、デザイン住宅ならそれが可能です。条件的なこともあるので、場合によっては再現が難しく、専門業者と話し合わなければならないこともありますが、基本的には希望に合ったデザインを実現することができます。デザインで家の雰囲気は変えることができるため、じっくりと考えて決めた方が失敗する可能性は低くなるでしょう。

続いて2つ目にこだわりたいのが間取りです。住みやすいと思える家を完成させるためには、間取りをこだわらなければなりません。間取りを決める時には色々チェックしたいポイントはありますが、例えばどこにどんな部屋を置くのかが最も重要だと言われています。リビングやキッチン、トイレ、浴室など考えたいポイントは複数あります。それぞれに目的があるので、一つひとつ使いやすさなども考えながら決めることで快適に暮らせる家を完成させることができます。間取りに関してどのようにしたらいいのか分からない場合でも、専門業者と相談をすれば、知識がない人でも安心して理想の間取りを手に入れることが可能です。まずは大まかに決め、後で専門業者と細かい部分をチェックしながら決めるといいでしょう。

続いて3つ目に大切なのが土地選びです。分譲住宅とは違って土地の購入も必要です。家づくりで建物ばかりに目がいく人がいますが、そもそも土地が決まっていないとイメージしている家が完成できるか分かりません。その為、手順としてはまず土地を決めてから、建物のイメージを考えるといいと言われています。土地選びというと広さなどを考える人が多いですが、広さよりも重要なのが地盤です。建物を安全に守るためには建物の作りや素材ではなく、土地の地盤の強さが重要です。地盤が緩いとどれだけ頑丈な建物でも崩れてしまう可能性があるため、広さよりも地盤の強さを確認するといいでしょう。土地を既に所有している人でも地盤が緩いと家が建てられない可能性もあるので、あらかじめ調べておくといいでしょう。このように、3つのポイントについて話しましたが、ここで説明したことは特に家づくりでは大切なポイントになるので、慎重に考えて決めましょう。

 

住宅設備について考えよう

家を建てる時には、住宅設備について考える人も多いのではないでしょうか。家の外観や内装はもちろん大切ですが、快適な生活のためには、住宅設備も重要なので、あったら便利な住宅設備について説明します。

まず、1つ目はシステムキッチンです。特に主婦にとってキッチンは毎日使う場所でもあるため、選び方が重要です。システムキッチンは必要な設備ですが、高さや幅、奥行きなども考えて選ばなければなりません。これが合っていないと家事をする時に大変なのでこだわりましょう。

続いて2つ目の住宅設備としては24時間換気システムです。換気扇などを24時間使用すると電気代も高くなってしまいます。しかし、換気はしたいと思う人が多い為、どうしようか迷いますが。こういった場合は24時間換気システムを導入するといいでしょう。換気してくれることによって、部屋の空気を入れ替えることができますし、アレルギーなどの症状も改善させる可能性が高いと言われています。

このように、2つの住宅設備について話しましたが、デザイン住宅などを建てる時には、他にも必要な設備はたくさんあるので、事前にどれが必要かについて調べておきましょう。

 

名古屋で建築会社を選ぶなら

名古屋でデザイン住宅を建てたいと思っている人は、名古屋の建築会社を探す人が多いかと思いますが、選ぶときにこだわりたいことがあるので、いくつか説明します。

まず価格にこだわっている建築会社であるかを確認しましょう。名古屋には長年の信頼と実績によってコストダウンを可能にしている建築会社があります。特に予算を抑えたい人はそういう建築会社を選びましょう。また、現物確認ができるかどうかについて確認をしましょう。例えばキッチンなどの住宅設備に関しては実際に見てみないと良さが分からない人が多いのではないでしょうか。こういった方のためにもショールームを設けてある建築会社もあるので、実際に見て決めたい人は現物を確認できる建築会社に依頼をしましょう。