BLOG・COLUMN

スタッフブログ・家づくりコラム
2018.11.22

愛知県一宮市で知っておきたい不動産情報!

  • 家づくりコラム

一宮市はファミリー層に人気の特例市

愛知県は日本でも有数の産業と人口を有する県です。名古屋市を中心としたビジネス、自動車などの産業活動も盛んです。その愛知県の北西部に位置する一宮市に注目してみましょう。

古くから繊維の町として栄えてきた一宮は、名古屋へ電車で10分程度で移動できます。通勤や通学な便利なため、ベッドタウンとしてさらなる発展を続けてきています。暮らしやすさに関しては、交通の便だけではなく地域の環境や施設、その他行政の取り組みなどが大きく影響しています。

ではまず環境について紹介します。日本を代表する「木曽川」の周辺には木曽川緑地公園があり、その公園にはツインアーチ138というシンボルタワーがそびえたっています。市民の憩いの場としてしたしまれており、週末には多くの家族連れで賑わっています。ショッピングは、東海地方でも最大級のショッピングモールがあり、1日いても飽きることなくショッピングや散策が楽しめる環境が整っています。自然の中で子どもをのびのびと育てたいと考えているファミリー層に人気が高まっています。一宮は市内に19の駅があります。愛知県の他の地域同様に、その駅近辺から離れるとバスなどの交通機関を利用することになりますが、多くの世帯でマイカーを所有しています。道路事情は整備されている上、名古屋や近隣の市街地へ移動するための幹線道路も近いことから、快適に移動できることがこのエリアが人気となっている理由のひとつです。

そして、このファミリー層にうれしいのが、行政や地域社会の取り組みです。一宮市の育児に関する助成金制度で、中学卒業までは通院・医療費は負担が必要ありません。いつ何が起きるかわからない子どもの健康について、こうした助成金制度があるのは非常に安心できます。出産育児一時金や就学助成金なども充実しているので、一宮へ移住される場合はぜひ活用してください。育児については、地域の交流も盛んです。ウェブサイトや機関誌も小まめに更新したり発行されたりしていて、情報を入手しやすくなっています。一度ウェブサイトを訪れてみてはいかがでしょうか。

 

一宮市の不動産トレンド

一宮市は、愛知県の他の地域同様に、マンションよりも戸建てへの意識が高いのが特長です。先ほどお伝えしたように、電車やバスなどの交通機関も充実していますが、自由で快適に生活するためには、マイカーの所有が必要不可欠です。そこで駐車場が確保できる広さの物件が多くなるのです。広い土地を有する物件が多いことからも、ガーデニングが人気です。近隣には大型のホームセンターも多いので、大きな庭も一宮のトレンドではないでしょうか。

一宮市の気候は年間を通して比較的穏やかですが、夏の暑さと冬の冷たい風や気温は特徴的です。夏は最高気温が37度を超え、冬の最低気温はマイナス4度近くなります。「伊吹おろし」という季節風が強く吹くことでも知られています。そのような気候からも、断熱性の高い建材のほか、室内温度を快適に保つための設備とそれを支えるオール電化住宅が人気になっています。一宮市は太陽光発電装置の設置について助成金を出しています。平成28年度では700件を対象にしています。こうした行政の取り組みもあり、オール電化をはじめとしたエコ住宅が普及しています。

そして、費用についても愛知県の特長があらわれています。愛知県は尾張藩の勤倹貯蓄推奨の歴史でも知られているように、費用対効果に対する目や堅実な思想が特長的です。こうした地域の要望に応えられるようなリーズナブルな価格で、物件を提供している不動産会社や建設会社が増えています。各社コストを抑えて顧客へ充実したサービスを提供するために自社で完結できる体制を作っているため、地域社会と密にかかっている会社が多いのは、消費者にとってうれしいことです。

 

ファミリー世代におすすめの住宅

名古屋への通勤・通学のしやすさや、子育てへの行政や地域による支援の充実から、ファミリー層に人気の一宮市で、今後特におすすめしたい物件の注目ポイントを紹介します。大きくは2つ。長く快適に住める家。そしてセキュリティーや耐震性が充実した安心して住める家です。

まず、長く快適に住める家です。長く快適に住める家は、まず丈夫な建材としっかりとした設計の基で建てられた正確な構造が必要です。愛知県の不動産会社や建設会社は、戸建て住宅を多く取り扱っていた会社も多いことから、戸建ての設計に関して安心して任せられるところが多いのが特長です。そして、子どもがいる世代では10年、20年と経過するうちに子どもも成長し、生活スタイルが大きく変わります。そうした時に、増改築などのリフォームをすることをやりやすい構造を建てるときに、早い段階で相談して設計するとよいでしょう。そして、そうした変化にも耐えうる建材を使った物件を選ぶことをおすすめします。

次に、安心して住める家です。セキュリティーの高い設備を備えた窓や扉を備えた物件も増えていて、それを基準として提示している住宅や設備が増えてきています。まずは数値化された情報を建設会社のスタッフの方に聞いてみるとよいでしょう。この他、耐震性耐久性は等級で確認することができます。できるなら震度6以上の地震に耐え家族の命を守ってくれる基準をクリアしたものを選びましょう。

ショールームなど、現物を目で確かめたうえで、スタッフの方へ質問や相談ができる環境を整えている会社も多いので、まずは一度ウェブサイトなどで検索してみてはいかがでしょうか。