1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2018年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • 高山 陣屋

    2018.04.22 Sun

    皆様 こんにちは

     

    春日井営業所の営業:高田です。

     

    先日、高山市にある陣屋に行ってきました。

    春の高山祭りの時ではないので、そんなに混んでいないと思いましたが、、、

    高山は観光客がいっぱいでとても賑やかでした。

     

     

    陣屋の玄関を上がってすぐに目に飛び込んできましたのは「青海波」と言う模様でした。

    平和な時代が訪れるようにとの願いが込められているようです。

     

     

    畳は、身分によってヘリのしつらいが変わっていました。

     

    お偉い方→ そうでない方→

     

    また、柱の釘を隠すための装飾品も可愛らしいウサギでした。

    「真向兎」と言うようです。

     

     

    「 兎のような長い耳で民の意見を良く聞け 」と言う意味が込められているようです。

     

    春先のとても気持ちが良い時期でしたので、腰を下ろしてまどろんでいる時にしみじみと思いました。

    江戸時代の建物がこのような綺麗な状態であるのは素晴らしい事だなと思いました。

    しっかりとメンテナンスしたり、問題が起こらないような造り方をする事によって建物は

    300年以上も残せられるのだと感じました。

     

    ふと上を見上げました・・・「軒が結構、出ている」

     

     

    最近は箱型の外観の建物が多くなりましたが、家を丈夫に保つ為にも軒の出は出した方が良い言われます。

    先人たちの知恵や感性を感じた一日となりました。

     

    春日井営業所 高田

  • 自然素材住宅

    2018.04.06 Fri

    こんにちは。

    蟹江営業所 工事担当の西尾です。

    今回は完成したお客様のお家のご紹介です。

    無垢の床材や漆喰の塗り壁といった自然素材にこだわった住宅になっております!!

     

     

    床、天井や壁の一部も壁紙ではなく無垢の木材を使っています。

    壁の大部分は漆喰の塗り壁です。全体的にやさしい雰囲気に仕上がりました。

     

     

    リビングのTVの後ろになる部分の壁は漆喰を分厚く塗って模様をつけています。

     

     

    リビングから繋がっている畳コーナーです。段差を利用して引き出し収納も付いています。

     

     

    洋室も漆喰に色と模様を付けてアクセントにしています。

     

    私もそうですが、花粉症がひどかったり、アレルギー体質の方は

    自然素材にこだわってみるのも良いと思います。

    年々色合いが変化していくところも無垢材の味です。

    家づくりを検討されて見えるお客様の参考にして頂ければ幸いです!

     

    蟹江営業所 西尾

  • platd‘or【プラドール】

    2018.03.30 Fri

    皆さんこんにちは。蟹江営業所工事部の内藤です。

    今回は私の妹と弟夫婦が一宮でケーキとパスタのお店をオープンしましたのでご紹介させて頂きます。

    もちろん弊社で請負させて頂き、営業兼工事担当として奮闘させていただきました。

    昨年5月ごろから店舗めぐり(立地条件や店舗内容)を行い、9月に奇跡的な縁があり、妙興寺駅の近くで念願のお店を開くことに決めました。

     

     解体前はこんな感じでした。

     

     

    内装の解体です。改装やリフォームを行う場合、なるべく既設のものを利用すること(全部解体すると予算UP)が大切です。

    壁は残せるものは残し、床はそのまま下地として利用することにしました。

     

     

    内部は2つの店舗(右側、左側)がありましたので、間仕切りを取り外し、1つの店舗にしました。ギザギザのところが前の壁になります。

    天井に取り付けてあるエアコン4台もそのまま利用します。(エアコンもこの店舗にした大きな要因です。)

     

     

     

    ほぼ完成がこんな感じです。

    アングルが少し分かりにくいですが、化粧梁、柱もそのまま利用しました。

     

     

    外部は壁とサッシ枠の塗り替え、前の庇を利用しパラペット風に作り変えし、看板を取付しました。

    なかなか良い雰囲気になりました。(もちろん看板も我が社で取付。ロゴのデザインは妹が行いました。)

     

      

     

    現在の様子です。年末にオープンし、ようやく起動に乗ってきたようです。

    弊社の一宮展示場(3/31、4/1グランドオープン)にも粗品として焼き菓子をこの店でご用意させていただきました。

    季節のパスタとケーキ、おいしいコーヒーも召し上がっていただけます。

    皆様!!よろしくお願い致します。

     

    蟹江営業所 内藤

  • 名古屋城本丸御殿

    2018.03.26 Mon

    皆さん、こんにちは!

    蟹江営業所・設計部 田中です。

     

    名古屋城本丸御殿が一部公開中とのことで、先日見学へ行ってきました!

    復元費用の総工費は、なんと150億円!延床面積3,100㎡!工期は10年!

    なんとも壮大な計画です!!!

     

     

     

    この建物は、尾張藩主の住居・政庁として慶長20年(1615)に建てられた書院造を復元したものです。

    御殿は木曽地方などで育った天然の桧を使用して造られているそうです。

    また、復元模写した虎の障壁画などは当時の鮮やかな色彩を再現したものだそうです。

     

     

    表書院を抜けて奥へ進み、対面所へと向かいます。

    対面所とは、藩主と身内や家臣との私的な対面や宴席に用いられたものです。

    上段之間(18畳)、次之間(18畳)、納戸一之間(24畳)、納戸二之間(24畳)の4部屋があり、

    上段之間と次之間には、京都や和歌山の名所が、多くの人物とともに描かれていました。

     

     

    2枚目の天井は、上段之間で折上げ天井の中央部分をさらに亀の尾(支輪)を設けて一段折上げた、

    二重折上げ小組格天井という豪華な天井となっていました!

     

    完全な完成公開は、今年の6月8日ということで、残りの工事は上洛殿と湯殿書院となっています。

     

    閉館までわずかな時間しか見学することができませんでしたが、

    普段の住宅では見ることのない納まりや仕上げを見て大変勉強になりました。

     

    完全公開まで残り2か月ちょっとですので、興味の湧いた方はぜひご見学いただければと思います!

     

    蟹江営業所 田中

     

     

     

     

  • テーブルコーディネート

    2018.03.25 Sun

    こんにちは。

    蟹江営業所の夏目です。

     

    定期的に本社ショールームにて行っていますイベントですが、

    毎回テーブルの上にお花が飾ってあります

    普段はパートさんが準備してくれているのですが、今回は数年ぶりに私もお花を活ける

    お手伝いさせて頂きました

     

    なかなか難しかったのですが、色鮮やかなお花がいっぱいで春らしい感じになりました

    お花が少しテーブルに飾ってあるだけで、とても華やかになりますね

     

    テーブルの飾りつけといえば、展示場などでは色々なテーブルコーディネートがされています。

     

     

     

    このような感じです。

    オシャレに見えますし、生活感が出て新しいお家で暮らすイメージがしやすくなりますね

    家具屋さんのディスプレイもとてもオシャレで参考になります

     

    でも実際は小さなお子様のいるご家庭や普段生活しているお家では

    展示場のようなコーディネートをしても、ずっとその状態のまま維持していくのは難しいと思います。

    お花を飾るだけでも季節も感じられ、お家の雰囲気が変わるかなと思いますので、もし良ければ如何でしょうか

     

    蟹江営業所 夏目

     

     

PC表示に切り替える