1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2017年12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • テレビCMが出来るまで その2

    2017.12.25 Mon

    こんにちは、広報企画の福永です。

    今回もテレビCM撮影の裏側をご紹介致します。

     

    前回の記事はこちら

     

    CMができるまでの苦悩と苦労は前回の記事で存分に吐き出していますので、

    今回は前向きに、楽しいお話をお届けする予定です。

     

    CMは自分で考えてつくるもの。次の企画は人形を使ったダンスものになりましたが、その経緯をお話します。

    私事ですが、わが家を建て替えしまして(もちろん地域密着 三昭堂のお世話になりました!)

    友人から新築祝いに手作りの人形を頂きました。

     

     

    とっても素敵な人形。ロシアの民芸品マトリョーシカです。

    大きい人形の中から小さい人形が次々と出てくるんです。

     

    全部登場した状態がこちら↓

     

     

    左から、わが家→お父さん→お母さん→子ども→わんわん

    わが家の家族構成に合わせて作っていただいたのですが、それはもう家宝にして大切に飾っています。

    ちなみにお母さんはお花が好きなので、ブーケを持っています。

    お父さんがコントローラを持っているということは…そういう訳です。

    このマトリョーシカがリズムに合わせて次々と登場したら面白いのではないか、

    というプレゼントだよりの発想で企画したのが、新作マトリョーシカ篇になります。

     

    ざっくりアイデアが固まったところで、撮影の段取り開始です。

    手を使って開け閉めしたら普通で面白くないな、と安易な発想のもと、

    ストップモーションを採用した映像づくりに着手したのですが、これがこんなにも時間がかかるとは…。

    ちなみにストップモーションとはいわゆるコマ撮り撮影で、

    パラパラマンガのように、撮影した写真を一枚ずつ繋げて動いたように見せる映像のことです。

    さらに背景も動いた方が面白いのでは、とこれまた言うが易しの発言により背景制作が始まりました。

     

    ラストカットの完成予想図はこちら↓

     

     

    このカットに至るまでにマトリョーシカと背景をどう動かすかがポイントとなります。

    絵コンテを作成してコマ割りをカウントしてみると、

    滑らかに動かすのを目標とすると、1秒あたり5枚の写真が必要になります。

    CMは15秒なので、単純計算で75枚の写真が必要に。

     

     

     

    鳥の羽ばたきや雲のフワフワ感を出すためには、何パターンかのイラストが必要になります。

     

     

      

    背景に加えてマトリョーシカも1カットごとに1体ずつ動かして撮影するため、

    1枚のシャッターを切るまでに何十分もの時間が必要となることに。

    ラストシーンでは、マトリョーシカ5体動かして、雲変えて、鳥羽ばたかせて、風船ふわりして、虹が輝いて…etc.

     

    最初は和気あいあいと進んでいたのですが、だんだんと口数も減りはじめ…

    (あっまた雲動かし忘れた or 鳥のパターン間違えた)

    朝日と共に始めて、いつの間にか満天の星空を眺め…それでもついにやり遂げました、完成です。

     

     

    ちなみにどうやってマトリョーシカを手を使わず動かしたかというと、

     

     

    アームを駆使した地道な努力です(アームは後で画像加工して消します)

     

    前向きで楽しいお話になったかはわかりませんが、今まで以上に充実感のある撮影でした。

    自分の考えたことが、たくさんの方の力をお借りして、実現するというのは本当に嬉しい限りです。

    序盤にお話ししたように、わが家を計画する際も確かに大変でしたが、

    夢が少しずつ実現していく過程はとても楽しく、思い出深いものになりました。

     

    三昭堂にてご縁のあった方皆様に、この思いを感じていただけたら幸いです。

     

    最後になりましたが、完成した動画を宜しければご覧ください。

    やりたいことに対して15秒はとても短くて、それでも1秒を大切に使った15秒でした。

     

     

    広報企画 福永

     

     

  • カラーコーディネート

    2017.12.19 Tue

    こんにちは。

    広報担当の南口です。 

     

    お客様と直接お話しする機会の少ない今はチラシやパンフレット等 

    広告を通じて情報発信をしながら住まいづくりのアシストをしています。

    十数年前は設計や営業等の職種でお客様と直接お話しする機会もあり、懐かしく思います。

     

    時の流れは早い物です、職種の違いはありますが今も昔も 

    色については今も変わらず結構、悩みます。

     

    今回は 住まいづくりの「色彩」について少しアドバイスです。

     

    よく買い物するスーパーで新鮮なまぐろを買って、家に帰ってまぐろを見るとあれ?

    と思ったことなどありませんか?

     

    これはお店がまぐろの新鮮さをより強調するような照明の工夫がされているからです。 

    住まいの照明はお店ほど赤みが感じらないから起こる現象です。

     

    他にも洋服や髪の毛の色等は、外に出て太陽の光で初めて分かるものです。

    このように物の色は、光の種類や人間の眼によって見え方が変わってきます。

     

    これは住まいづくりにおいても同じです。

     

    床やクロスや建具・カーテン・家具などの色を決める時は、

    照明によって色の見え方が違ってくるということを認識しておくといいとおもいます。

     

    大きな壁面・クロスや・外壁等の選択は、自然光の中で選択するのがベストです。 

    知って頂きたいのは、面積が大きいほど選んだ色より薄く感じるという目の錯覚です。

     

    あくまでもイメージですが、色合いはトイレ空間でもこんなに変わります。

     

    もちろん素材違いや、光(照明や自然光等)の違いはありますが、

    家づくりで色を決める際にはトータルに検討しましょう。

     

    ポイントは色数は押さえて、装飾・インテリアで色を使うとまとめやすいと思います。

     

    我社では、設計スタッフの他に専任のインテリアコーディネイターが

    お望みの色でトータルコディネートしていますので、お気軽にご相談ください。

     

    広報 南口

  • 平成30年は、特別な年に。

    2017.12.10 Sun

    皆さん、こんにちは

    企画開発の柴田と申します。

     

    12月に入って、本当に寒い日が続いています。

     

    本格的な風邪の季節です。皆様、風邪などお召しになっておりませんか?

    我社でもマスクをしている社員が増えてきましたので外から戻ったら手洗い、うがいの実践を奨励しております。

    皆様も充分にご自愛ください。

     

    話は変わりますが、先日天皇陛下の退位が閣議で決定され、

    2019年4月30日を持って「平成」がおわり、新しい元号に変わります。

    来年は平成30年となり「平成」も後1年と4ヶ月となってしまいました。

    平成生まれの若い社員も昭和生まれの私達と同じように時代の流れを感じていくのでしょうか。

     

    この平成30年 我社にとっても特別な年となっております。

     

      

     

     

    そうです。来年の平成30年3月に創業90周年を迎えることとなりました。

     

    総合ホームページでも紹介させていただいておりますが、

    昭和3年3月創業以来、本当に多くの皆様のおかげで迎えることが出来ます。

    この昭和3年に平成30年をかけて90周年、何かを感じるのは私だけでしょうか?

     

    この大きな節目を迎えるにあたり、これからも創業の精神を守り「身の丈にあった経営」に徹し、

    一歩一歩着実に成長することを目指します。

     

    この90周年に向けた新商品も既に発売しており、

    ZEH(ゼロエネルギーハウス)を越えた未来のZEHと

    銘打って「次世代ZEHパワーデリシャス住宅」がこの冬に登場しました。

     

     

    現在、本社ショールームから5分のところでモデルハウスも建築中です。

     

     

     

    住まいにとっての断熱性能の最高基準が1999年に次世代省エネ基準として発表され、

    2020年にはこの基準が義務化され当時の最高の基準が普通になってしまいます。

     

    そこでZEHの登場です。自動車でもハイブリット、PHV、EVとどんどん進化しています。

    平均的な住まいはこの自動車の3倍ぐらいのエネルギーを消費するといわれています。

     

    車は5年、10年で買い替えることができますが、住宅はそんな訳には行きません。

    現在の住宅では30年から50年と言われる耐久性や耐震性が備わっています。

     

    つまり、完成時の断熱性能がそのまま30年、50年と続きます。

    次世代を見据えた住まいを考える上でZEHは普通の基準となりつつあります。

    もっと先、子や孫にもやさしい住まい「次世代のZEH」をぜひ当社モデルハウスで体感してください。

     

    企画開発 柴田

PC表示に切り替える