1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2014年5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • 救命講習!

    2014.05.27 Tue

    みなさんこんにちは!

     

    春日井営業所の蔵田です!

     

    我が社では様々なイベントを開催させて頂いており、

    前回開催させて頂きました蟹江展示場グランドOPENイベントでは150組のお客様にご来場賜りました!

     

    それだけのお客様にご来場頂きますと混雑は免れず、万が一のハプニングが起こることも考えられます。

     

    そんなハプニングに備えまして、我が社の選抜メンバーで救命講習に参加して参りました!

     

    我が社からは六名の参加で、その他の参加者の方を合わせますと約30名での講習となりました!

     

    今回講習を受けさせて頂いたのは「普通救命講習1」というもので、

    大きく分けて三つの行程の受講をさせて頂きました!

     

    1.胸骨圧迫(心臓マッサージ)

    2.AEDの使用方法

    3.人工呼吸

     

     

     30分程度座学を受けさせて頂き実技に入りました。

     

    まずは、胸骨圧迫の実習です。

     

    倒れている人の意識の確認を行い、周囲の人に助けを求めます。

    119番とAEDを持ってきてもらう指示を出し、呼吸の確認へと進みます。

    胸とお腹の動きがないことを確認し、胸骨圧迫を行います。

    胸の真ん中を重ねた両手で「強く、早く、絶え間なく」圧迫します。

     

    次に、AEDの使い方の実習を行いました。

    使い方自体は非常に簡単で、

    AEDから音声で指示があり、その通りに作業を行います。

    AEDは主に心電図と電気ショックの二つの役割を担っており、

    心臓に強制的に電気を流し蘇生させる方法の為、

    電気ショックを流す際は、傷病者に触れていないかの注意が必要となってきます。

     

    続いて、人工呼吸の実習を行いました。

    気道の確保が一番重要なポイントでした。

    顎を天井に向く位起こし鼻をつまみ息を吹き込みます。

    その際に息を入れすぎるのは注意が必要で、

    入れすぎた場合胃の中の異物が出てきてしまうことがあるそうです。

    また、傷病者の口内に傷などがある場合は感染等の危険もある為、

    ガーゼなどの用意がある場合を除いて、人工呼吸をする際は注意が必要との事でした。

     

     

    最後にすべての流れを通して行いました。

    119番から救急車が到着するまで平均して8分程度あるとの事で、

    その8分間蘇生作業を続けなくてはなりません。

    実際にやってみると2分やるのも大変でした。

     

    本物の消防士、救急隊員の方からの指導となったわけですが、

    まず、倒れている人に対して気に掛けるアプローチが最も重要とのお言葉でした。

    今回の応急手当の作業は倒れてからの対応の早さがとても重要との事でしたので、

    そういった状況に遭遇した場合は役立てることができるようにしていこうと思います。

     

     

     心肺蘇生法については一宮市消防本部さんのホームページにてご案内されていますので、そちらもご参照ください。

     

     

    補足ですが、

    インターネットで各都道府県でAEDの設置場所がわかるAEDマップというものが掲載されているそうです。

    一度確認してみるのもよいかもしれません。

     

    選抜メンバーが指導役となり我が社全体で救命講習を行う予定をしています。

    今後のイベント等でお客様に安心してご来場して頂ける環境づくりを続けていますので、

    今後とも末永いお付き合いをよろしくお願い申しあげます。

     

    ※記載させて頂いた内容は、講習の際に頂いたテキストより一部抜粋させて頂きました。

     

     春日井営業所の蔵田でした!

     

  • 植木まつり2014

    2014.05.20 Tue

     

     

     

    皆様。こんにちは 

     

    営業部の高田です

     

    最近は、暖かいと言うより、暑いくらいですね

     

    本日19日は、27度まで気温が上がったようです。

     

    皆様は、いかがお過ごしでしょうか

     

     

     

    先月の事ですが、散歩を兼ねて地元稲沢の「植木まつり」に行ってきました。

     

    神社の境内に植木屋さんが植木・苗木や盆栽を出して販売をしていました。

     

    境内にある桜の新緑と相まって、とても爽やかに感じられました。

     

     

    幾つか気になるものがありましたのでご紹介させて頂きます。

     

    まず、一式30万円でお庭がセット販売されている物がありました。

     

    内容は、松、杉、もみじ、つつじ等の木々に加えて庭石、玉砂利、垣根など大変充実していました。

     

    私だけでなくほとんどのお客様が足を止めて眺めていました。

     

    しかし、私の感想ですが・・・

     

    このセットは、和風過ぎて最近の住宅には似合わないと思いました。

     

    最近のお庭は、手入れが簡単で虫に強い木が人気のようです。

     

    シマトネリコ、オリーブ、シャラ、エゴノキなど。

     

    庭師さんに剪定を頼まなくても、剪定ハサミで簡単に切れる庭木が好まれる傾向にあるようです。

     

    お値段は3~5万円でして、正直もう少し安くても良いのかな・・・って個人的には思いましたが、

     

    幹もしっかりとしていて、葉もしっかりと付いていました。

     

    例えば、オリーブですが

     幹も葉っぱも生命力に溢れていました。

     

     

    もっと元気な木を見つけました。

     

    ヤシの木です。

    いやー勇気いりますね。この木を自分の庭に植えるのは・・・。

     

    お値段も10万円overしていました。

     

    ふらっと散歩のつもりで寄ってみましたが、結構楽しめた植木まつりでした。

     

     

     営業部 高田

     

  • 整理収納

    2014.05.09 Fri

    こんにちは、田中です

    久々のブログ参加です。

     

    整理収納と題をつけましたが、

    昨年の夏、「整理収納アドバイザー2級」を取得し、

    12月に、1級の講義を受けてきました(1級認定試験は受けていません

     

    コーディネーターとして、お客様にアドバイスさせていただく立場として、きっと役に立つ!と思い、受けてきました。

    2級は、「自宅の整理収納」、1級は「お客様宅で整理収納アドバイザーとして仕事する

    という形で、立場が変わります。

     

    少し堅い話になりますが、整理収納の、基本の考え方について少しお話したいと思います。

     

    まず初めに、「何のために’整理’が必要なのか??」

    時間的な効果(物を探す時間が無くなる)

    経済的な効果(時間のロスから生まれる経済的なロス、無くしたと思い込んで同じものを購入してしまう など)

    精神的な効果(どこになにが収納されているかわからないというストレス など)

     

     

    なるほど~と思いますよね。

     

    整理収納ができていると、以上の①~③が無くなり、生活にゆとりができ、心にもゆとりが生まれるのです

    (少し大げさかもしれませんが、本当です

     

    では具体的に、整理できない理由(整理できない人とは??) を考えてみると、

    ずばり、「モノがどんどん増えてしまう、モノが捨てられない」人 ということです。

     

    そんな人の行動パターンを、下に挙げてみます

     

    ほしいという欲望が湧いてしまう(限定品、おまけの品など)

    流行のものに弱い(すぐ使わなくなってしまう)

    お得感に弱い(お得、という理由で不必要なものを買ってしまう)

    迷信を気にして捨てられない(ぬいぐるみや人形)

    しつけ の影響(戦後の考え方、モノを大切にしなさい という考え方)で、不必要なものもとっておいてしまう

    ⑥使わないけど、「壊れていないから」、「高価なものだから」、「もらったもの(プレゼント)だから」捨てられない

    といってとっておく

    小さいもの(かさばらないのでついつい。片方無くしたピアス など)

    捨て方がわからず、放置してしまう

     

    ・・・たしかに!!

     

    ですね

     

    モノを持っている理由として、上に挙げたような、「何か一つの理由」があります。

    それが妨げてしまっていることで、不必要なモノでも、どんどん増えてしまうのです。

     

    住宅を建てるとき、「できるだけたくさんの収納がほしい」というお声はとても多いです

    100%の方がおっしゃっていると思います。

     

    たくさんの収納空間ををつくって、たくさんのモノをしまって、、、

    果たして、それは本当に 必要なモノ なのでしょうか

     

    不必要なモノのために、収納を大きくして、家を大きくする、、、、なんてもったいないです!

     

    モノと向き合うことによって、モノを減らし、整理することで、

    ゆとりのある生活ができると思います

     

     

    一度、身の回りにある モノ について

    振り返ってみてはどうでしょうか

     

    田中でした

    ※整理収納アドバイザー公式テキスト「一番わかりやすい整理収納」より引用させていただきました

     

  • いのちをつなぐ人になる。

    2014.05.05 Mon

    こんにちは、広報企画の福永です。

     

    深いタイトルで書き出しました今回のブログですが、こちらは日本赤十字社様のキャッチコピーを拝借させて頂きました。

    以前にもご紹介しましたが日本赤十字社様にご来社頂き、三昭堂 本社にて献血活動を行ないました。

    今回で三回目となります。

     

     

    時間帯で班分けを行い40名ほどが参加しました。

     

     

    私も今回で三回目、睡眠もしっかりとり万全の体調で臨みます。

     

     

    きっと個人差があると思いますが、血液抜かれるのって気持ちいいんですよね…

     

     

    献血も終わってコーヒーで水分補給をしていたところ、気になるPOPが。

    献血クラブ会員大募集?オリジナルグッズプレゼント?

     

     

    さっそく登録してみました複数回献血クラブ。

     

    こんな方を募集しています

    ・献血経験のある方(平成6年4月以降)

    ・赤十字からのメールによる献血依頼に可能な限り応じていただける方

     

    こんな時にメールします

    ・成分献血を安定的に確保する必要があるとき

    ・献血者が減少し、血液が不足したとき

    ・特定の血液型が非常に不足したとき

    ・献血に関する最新情報をお知らせするとき

     

     

    私の血液が困ってる方のお役に少しでも立つのなら!という気持ちが9割、グッズが1割。

    動機はおいておいて、もしかしたら自分が必要な立場になる時もある訳なので、

    注射のチクッくらいはガマン、我慢。これで誰かが助かるのなら嬉しいことです。

     

    登録は下記からもできます。

    ※登録は献血にご協力頂いたことのある方が対象となります。まずは献血へのご協力をお願い致します。

    ※ブログに記載した内容は複数回献血クラブの冊子より抜粋致しました。

     

    複数回献血クラブへ

     

     

    fuku.jpg 広報企画 福永

     

     

     

  • eco

    2014.05.02 Fri

     

     

    こんにちは

     

    設計部の南谷です。

    前々回のブログは伊藤さんの哲学のお話でしたね。私は哲学のことはあまり分からないですが、大学生の時に受けたカントの哲学の授業がとても面白かったのを覚えています

     

    今回はeco!!!

    ・・・つまりecology!

     

     

    ecologyの本来の意味は生態学・・・大きい範疇で難しいですが、生物と環境の関係を取り扱う学問です

     

     

    最近エコカーを購入しました

    学生の頃から、ハイブリッドカーに興味を持っていて、価格が下がってきたら買おうと思っていました。

     

    エコ。

    和製英語で、ecology(生態学・環境) economy(経済的)の複合的な意味があるそうです。

     

    経済発展の時代に環境汚染があり、その反省点として地球環境が見直されてきました。

     

     環境汚染対策のひとつとして地球温暖化物質・二酸化炭素の排出を抑えるという動きがあります。

     実は日本の二酸化炭素排出の30%は建築業界が占めています。(建築時・運用時)

    住宅でも環境に対しての配慮をすることは不可欠です。

     

    住宅のエコも種類はたくさんあります

     

    <消費エネルギーを抑える>

    ・太陽光パネルで自然エネルギーを使う。

    ・太陽光パネルで発電した電気を蓄電池に貯めて効率よく使う。

    ・スマートハウスによって使用しているエネルギーを把握して節約する。

    ・お風呂の浴槽保温を高める。

    ・LEDの照明を使用し消費電力を抑える。熱エネルギーを抑える。

    ・熱交換型換気扇を使用する。

     

    <環境負荷を抑える>

    ・断熱材を入れて冷暖房の効率を上げる。

    ・窓を二重サッシにして断熱性を上げ、Low-Eガラスを使って熱線を入れないようにする。

    ・庇を設け、太陽高度が高い夏は光を遮り、高度が低い冬は光を入れる。

    ・すだれを設けて光は入れず、風通しを確保する。

    ・遮光タイプの瓦。

    ・屋上緑化

     

    <資源を抑える>

    ・節水の水洗・シャワー。

    ・節水タイプのトイレ。

    ・雨水利用タンク。

    ・地盤改良や外壁など再利用材を使用する。

    ・リフォームをして長く住まう。

     

     

    住宅の建材・設備を見ても地球環境に配慮しているものばかりです。

     

    また、2012年には都市の低炭素化を促進する法律が制定されました。

    低炭素建築物をご存知でしょうか。

    簡単に言うと、低炭素・・・二酸化炭素の発生を抑えるということです。

    以下の項目があります。

    ・外壁や窓等を通しての熱の損失の防止。

    ・一次エネルギー消費量(石油・石炭など)を10%抑えること。→具体的には電気エネルギーを少なくし一次エネルギーの使用を抑えて二酸化炭素の発生を抑える。

    ・建築物の低炭素化のための措置が講じられていること(節水・木造住宅・ヒートアイランド対策等)。

    ・都市の緑地の保全に配慮されていること。

    ・資金計画が適切であること。

     

     

    実際に使用する人にとってはエコノミーで経済的にする方がメリットがある、作る側としては企業イメージが良くなる、という意見もあるかもしれません。

    しかし、環境汚染によって今までに実際に受けた被害やこれから次の世代を生きていく子供たちを考えると、そのようなこととは無関係に地球に住む私たちは環境について考える使命があるような気がします。

     

    皆さんもきっと生活の中で無意識に環境に配慮しているシーンがあるのではないでしょうか。

     

     

    本当は電気自動車の開発が進み、もっと使いやすくなって普及してほしい、と思っている南谷でした。

     

     

     

     

     

     

PC表示に切り替える