1. TOP
  2. スタッフブログ

 
 
« 2013年2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728 

スタッフブログ最新記事

スタッフブログ月別アーカイブ

年月別記事

スタッフブログカテゴリ

カテゴリ別記事

  • ギロッポンで先端アートに触れる!

    2013.02.28 Thu

     

    こんにちは、設計部の松岡です。

    春の兆しと共にやってくる悩ましいアレがやってきますね!
    そうです、アレとは花粉!

    春の陽気なイメージが、花粉のおかげで早く過ぎ去って欲しい季節のイメージが定着してしまいました。

    さて今回は、現在開催中の展覧会「会田誠展: 天才でごめんなさい」と「中村哲也:フォルムズ展」 に行ってきました。

    前者の展覧会は色々と物議を呼んで話題となった、あの展覧会です。

     

     

     

    物議を呼んだ効果でしょうか、年齢層に偏りがありませんでした。

    歴史、戦争、美少女、漫画、サラリーマンなどをモチーフに多種多様な表現で常識を打ち破り疑問を投げかけてきます。

    観る側としてはここら辺を十分に理解し、柔軟な姿勢で受け止めなくてはいけません!

    もちろん、人によっては不快な印象を抱く表現もあります。

    でもそれもアートなの訳で、自分の柔軟さと幅を要求されるのです(笑)

    設計の職も「無」から有を造り上げる事をし、生活の場を創作する仕事でもあります。

    感性の刺激も大事なインプット行為です。

     

    次はフォルムの追求を作品化した「フォルムズ展」です。

     

    これも現代美術の作品です。

    スピードを追求する自動車、飛行機などのフォルムなどを連想しますよね!
    視覚的スピード感を彫刻という行為で表現した作品です。

    実際の自動車デザインにおけるイメージ段階のレンダリングをそのまま立体化している部分が面白いですね。

     

     

     

    デザイナーであれば、おそらくこの段階のフォルムが究極でありベストな状態で、徐々に現実の世界に落とし込む事でデザイナーが発想したラインであったり、量感であったりスピード感であったりが削ぎ落とされていくはずなのです。

    つまりこの一番発想の新鮮な部分を彫刻化し物体とし定着させる行為に意味があると感じとれますね!

     

     

     

     

    以前から気になっていた作品を、直接自分の目で見る事が出来たのはよかったです。

    書籍やウェブなどで、なんでも気軽に検索できてしまうのですが、やはり直接見るという事ってやっぱり違いますよね!
    質感、量感、実在感、空気感など五感に響きます。 可能な限り様々なモノ、建物、場所、出来事など実際に肌で感じる用に行動して行きたいと改めて感じました。

    しかし、六本木は界隈は駐車料金、飲食代が半端ないのが悩みどころでしょうか・・・

    なんだか建築とは接点が無いように感じられるかもしれませんが、何かを感じ取れる感性を磨く事は大切ですよね。

    今回であれば、現代アートの深く濃く、そして浅はかさ作品を通じて表現し解釈もさまざま(笑) そしてあくなきフォルムへの追求など・・・

    少しでも私たちが携わる建築にも活かせる部分がきっとあると信じて疑いません! と感じた設計 松岡でした。

    おまけ:先日「あいちの文化探し隊」で掲載されましたのでお暇でしたらご覧下さい。

    http://www.aichi-bunka.jp/report/035.html

     

     

  • 2013.02.22 Fri

     

    こんにちは

    設計部の南谷です。

    今月は住宅の窓についてご紹介します

     

    昔から比べると住宅に使われる窓は多様化しています。

    住宅でよく使われるものをご紹介します。

     

     

    まず居室の南側などで多く使われる引違い窓

     

    3枚や4枚のものもあり、大きい開口で採光・風をよく通します。バルコニーなど人が通るところにも使います。

     

     

     

     

     

    次にすべり出し窓。水廻りなどの換気に向いています。レバーが高くなるので設置高さに注意!!

     

     

     

     たてすべり出し窓も水廻りによく使われます。当社では26cm幅の小窓を1階に使って防犯対策をしています。高さもたくさんあるので外観にセンス良く使うのもいいです

     

     

     

     

    2枚の窓を上下にスライドさせて開閉するタイプの窓です。こちらは開けるスペースがいりませんので境界が近いところで使用できます。

     

     

     

     

    ハンドルを回すことにより開閉します。用途は、洗面、納戸、キッチン等の換気に向いています。気密性の問題があるので使うときには注意!

     

     

     

     

     

     

     はめ殺し窓とも言います。階段の高いところなど、普段開け閉めができないところに使います。開け閉めできる窓に比べて見えてくる枠も少なくなるのでデザイン性もUP!

     

     

     

     

     

    また、下のようなスリット窓を設けると外観もとてもお洒落になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    以上が住宅のメジャーな窓となります。

    他にも丸窓やスクエア大型窓などバリエーション豊かです。

    是非街中の窓を観察してみて下さい

     

     

     

     

     

    設計部 南谷

     

     

     

     

  • ヴァレンタイン大統領

    2013.02.21 Thu

    自転車に乗っている時にコウモリに突撃された経験があります。

    みなさん初めまして!営業部の小鯛と申します。

     

    読み方はコダイでございます。出身は三河の知立市というところです。

    最近は尾張の方面にて仕事をさせて頂いているのですが、

    尾張の方は寒いですね。特に驚いたのは雪が降る日が多いことです。

    三河にいると珍しいのでテンションが上がりますが、最近は慣れてしまいました。

    今後少しずつ更新していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

     

    何かの本でコウモリは目が見えないけど超音波を発して障害物との距離感を把握できるから、

    ぶつかることはありえないと聞いたことがあったのですが・・・。

     

     

    さて、先日はヴァレンタインデーでしたが男性のみなさんはチョコはもらえましたか?

    私の戦績は・・・4人の女性から頂きました!お母さんは含んでません!

    というかお母さん今年はくれなかったです!(泣)

    あとほとんど職場の方のギリチョコです。

     

    甘いものは日頃のストレスを癒してくれます。何かの本で読んだのですが、女性よりも男性の方が甘いものでストレスを発散することが出来るそうです。女性は甘さよりも量で発散するらしいです。

     

    話しをまとめるのと、ブログは苦手なのでみなさん、お手柔らかにお願いします。

     ホワイトデーはお客様のために日頃の感謝を込めて何かしたいと思います!

     

    ファニー!ヴァレンタイン!

     

     

      営業部 小鯛

  • 岡崎市 完成見学会

    2013.02.18 Mon

    こんにちは、田中です

     

    昨日17日(日)に、岡崎市矢作町にて、

    お客様のおうちをお借りしまして

    完成見学会を開催いたしました

     

    お客様のご好意により、この場でご紹介させていただきます

     

    1FにLDK+和室+水周り、2Fに主寝室+WIC+子供部屋2部屋という4LDKの間取りです。

    内外装共にナチュラルにまとまっています。

     

    まずは外観です

    ホワイトのボーダータイルと、キャメルの木目と、ベージュのタイル調でデザインされています。

    この角度では見えませんが、太陽光4kw載っています!

     

    玄関は、断熱引戸で、リモコンキー付です

     外壁の木目と、色味を合わせています。

     

    玄関に入りますと、

     玄関ホールは広々、壁いっぱいに収納を設けました

    上下の明り取り窓から、きれいに朝日が入りそうです。

    グレーのアクセントクロスでデザインしました

     

    LDKに入りますと、

    ブラックチェリーの床は、木目の表情が豊かに出ていて、部屋全体がやさしい色味になっています。

    大きな掃出し窓からは、明るい光が入ります

     

     こだわりのTVスペースには、

     エコカラットでデザインしました!

    LDK入り口のスケルトン扉は、光が透き通って、広がりを感じます

     

    ダイニング横のカウンターです。

     パソコンスペースにしたり、奥様の家事スペース、またお子様の勉強机としても活躍します!

     

    こちらもこだわりました。和室です。

    グレー色の縁のない和紙畳と、ダルブラウンの板間で、モダンな和室を作りました。

    落ち着いた色のクロスを使用しLDKとは一味違う空間になっています。

    地窓からは、木目の玄関引戸がチラリ

     

    照明にもこだわりました!

     ダウンライト・スポットライトを使用しました。

    折り上げ天井も素敵です!

     

     洗面台です。

     

    三面鏡をなくし、タイル調のクロス、ブラケット、ニッチでデザインしました!

    オーダーの洗面台のように仕上がりました

     

    2Fにあがりますと、

    外観でポイントになっている、スクエア小窓が見えます

     

    他にもお見せしたいポイントがたくさんありますが、

    何より、

    お客様の想いが(+私の想い)が詰まったおうちを、

    たくさんの方にご覧いただき、お褒めの言葉をいただき、

    とても感激いたしました

     

    そして、

     ちょうど本日より、

    太陽光が発電をし始めました!

     

    良い記念日となりました

     

     田中でした

     

  • 幸栄会総会

    2013.02.10 Sun

    皆様、はじめまして、初投稿させて頂きます、

    建設工事部佐藤と申します!!

    こういった投稿は本当に初めてですので、未熟者で

    読みにくい部分があると思いますが、お手柔らかに

    どうかよろしくお願い致します。

     

    先ず初めに簡単な自己紹介です。

    年齢:36歳

    趣味・特技:プロ野球観戦、ビデオ鑑賞、スニーカー収集、早食い

    所属の部署:本社工事部 アフター・メンテナンス部

    主な実務ですが、当社で建てて頂いた大切な既存のお客様のお世話を

    やらせて頂いております。

     

    早速ですが、今回は、三昭堂の業者会幸栄会のご紹介をさせて頂きます。

    現在、当社の住宅に携わって頂いています職人さん・業者さんは

    150社程になりました。10年前から考えますと本当に多くの

    業者さんに協力して頂き、工事をやらせて頂いております。

    いくら良い図面・デザイン・材料で計画していても、職人さんあっての

    世界ですので一番根本の大事な部分になります。

     

    何をやっているかと言いますと・・・

    毎月、定例会を開催していまして、現場の近況報告、安全作業の勉強会、

    各業種の施工に関する説明、工程の聞き取りなどを行っている月に一回

    ある、大事な行事です。

     

    今回はその中でも、年に1回の総会の様子をご紹介します。

     

    今回は、一宮の勤労福祉会館の小ホールをお借りして開催しました。

    今回は総勢約130名の方に参加して頂きました。

    いつもの定例会と何が違うかと言いますと、毎年1月は1年間がんばった

    業者さん・職人さんの表彰式を兼ねて行っています。

    表彰の基準はお客様からの評判と社員からの評判により人選しています。

    表彰式の様子を一部ご紹介します。

     

     

    今回も、基礎業者さん、大工さん、設備業者さん、内装業者さんなどなど

    様々な業種の方を表彰させて頂きました。

    今回、表彰されなかった方も来年こそは、という熱い想いで仕事をして頂き、

    今年以上にたくさんの方に取って頂きたいです。

     

    余談になりますが・・・

     総会当日の弁当です。

    私は食べるのだけは早く、食べる事だけには自信を持っていまして、

    弁当が余りましたので2つ頂きました。

    写真で見ると楽勝な感じがしますが、かなりのボリュームでした 😯

    おかげで翌日までひびきお腹がまた成長してしまいました 😥

     

     2月の健康診断が不安な佐藤でした。

     

PC表示に切り替える