愛知(一宮・岡崎・春日井)の注文住宅は三昭堂
  • ホームホーム
  • 会社概要会社概要
  • よくあるご質問よくあるご質問
  • お問い合わせお問い合わせ
外断熱パワーデリシャス〜温度差に強い人も家も快適な空間〜 次世代外断熱 Power-Delicios
extrnal wall insulation
やわらかな住みごこちが日本の気候に最適な外断熱

四季による温度差や梅雨、秋の長雨など、高温多湿期間が長く続く日本の気候。快適な生活を送るためには、自然の特性を利用した   住まいづくりが大切です。ネオマフォームの高い断熱性を活かした外断熱工法は、冬は「あたたか」で夏は「さわやか」な暮らしを実現します。

外断熱工法とは

気密ラインが柱などの構造材の外側なので、 構造体と室内は同じ空気環境に置かれます。

構造の外側を断熱材ですっぽりと包みこむため、外気の変化に影響を受けにくくなっています。
したがって年間を通じて建物全体を温度むらの少ない状態とし、冬場の浴室などでも心配されるヒートショックの不安も軽減されます。
もちろん省エネルギー住宅となります。

高い断熱性

今まで外部に逃げていた熱ロスを抑えます。計画換気でいつも新鮮な空気を取り込めます。

長期断熱性能

フェノール樹脂が高いガスバリア性を有しており、断熱性能の経時変化が少ないのが特徴です。

安全性

炎に当たると炭化し、燃え広がりを防ぎます。一酸化炭素などの発生量も少なく、有害ガスも発生しません。

環境性能

グリーンガス(オゾン層破壊がなく、温暖化係数も極めて低いフロン発砲ガス)を使用しています。

壁施行例

ボード状断熱材(35mm)使用

屋根施行例

ボード状断熱材(50mm)使用

室温と体感温度は違う

暖房によって同じ室温の場合でも、断熱性にすぐれた家の方がより暖かく感じ、より快適に過ごすことができる…。家の中で体に感じる温度=体感温度は、室温と、窓や壁、床などの表面温度の平均に近いといわれています。断熱性の低い住宅では、家の内側の表面温度が低くなり、体感温度が室温よりも低く感じられてしまいます。

寒さは体に負担を与える

寒さと健康の関係を表すデータ。グラフAは、過去50年間の死亡者数の月別割合を表すものですが、常に夏季よりも冬季の死亡者数の割合が高くなっています。またグラフBは、家庭内で発症する急病に関するデータ。外気温が低下するにしたがって、救急病院への搬送数が増加する傾向が見られます。寒さにはリスクが伴う。だから断熱をしっかりして外気温の影響、家の中の温度差を小さくすることが大切です。

家の中の温度差は危険です

人の体は、暖かいところから急に温度の低いところに行くと、血管が収縮し血圧が上昇します。高血圧の人や高齢者にとっては体への負担がとても大きく、脳卒中や心筋梗塞の誘引となってしまいます。
これがいわゆる“ヒートショック”。
断熱レベルが低い家では、冬の早朝や夜間、トイレや浴室などが冷え切っており、暖かい部屋から急に移動したときに、ヒートショックが起こる危険が高まります。

  • photo
  • 冬暖かで夏爽やか
  • 四季の変化に最適な外断熱

断熱はこれからずっと暮らしていく住まいの大切な要素です。外断熱の家は室内の温度を一定に保つことでヒートショックを軽減し、年中快適な空間で過ごせます。

春日井展示場のご案内 岡崎展示場のご案内
PAGE TOP