注文住宅を建てるのにかかる費用や内訳について
TOP > コラム > 注文住宅を建てるのにかかる費用や内訳について

注文住宅を建てるのにかかる費用や内訳について

注文住宅は費用がかかる?


家を建てるというのは、一生のうちでそう何度もあることではありません。建売住宅を購入するにしてもかなりの金額になりますので、住宅ローンを組んで何十年とかけて返済していくのが一般的です。ほとんどの人が終の棲家として家を建てたり購入したりします。これほど大きい買い物は、買ってしまってから後悔しても後戻りできません。
建売の場合、既に間取りや内装は決まっているので、物件をたくさん見て回り、希望や好みに合わせて選びます。どこか気に入ったポイントがあっても、ほかの部分で妥協することが多くなることもあります。気に入っている点が妥協したところに優っているなら、住んでいくうちに受け入れられるようになりますが、焦って購入してしまったり、よく考えず決めてしまったりすると、後でこんなはずじゃなかったと後悔することになってしまいます。
そうならないためにも、終の棲家を最高のものにするために、注文住宅にするというのも一つの選択肢です。注文住宅は家をオーダーメイド出来るので、自分なりのこだわりや希望を多く取り入れることができます。あまりにもこだわりが多すぎるともちろん費用もかさみますし、完成までの時間も多くかかってしまいますが、後悔のない選択が出来るのはメリットです。家の間取りや外観まで細部にもこだわりを持てますし、デザイナーと相談しながら家をデザインできるので、世界に1つだけの家を建てることができます。
注文住宅はかなりの費用がかかるというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、ある程度予算を伝えておき、じっくり決めていけば予算内で多くの希望を取り入れた家になります。こだわりたい部分に費用をかけるのなら、他のところは安価なものにするなど調節することで費用も抑えることが可能です。設備や水回りなども選べますし、いま注目されている地球にやさしいエコハウスなども可能になるためメリットは多いです。

注文住宅は費用がかかるけどメリットが多い


注文住宅は、何かと細部にまでこだわりを取り入れることが出来るからメリットは多くなります。最初から家を造り上げるというと素人には対応できないように思われますが、ハウスメーカーやデザイナーが実際に建てた家を見たり、モデルハウスを参考にしてそれを取り入れていくこともできます。中には実際に宿泊して、住み心地を体験出来るイベントなどもありますから、こういうイベントは大いに活用しましょう。ハウスメーカーによる違いもありますが、いろいろなデザインの家をモデルハウスにしているので、自分の理想に近いところを選ぶこともできます。まだデザインが決まっていない場合も、実際に完成したものを見ることで必要な設備なども分かってきます。
家をオーダーメイド出来るため間取りなどもある程度は希望を取り入れられますし、一般的な住宅にはない工夫なども取り入れることができます。限られたスペースでも収納を充実させれば、家の中がゴチャゴチャしません。今の住宅は通気性や耐熱性などにも優れていますが、窓の位置なども調整できますので、風通しのいい家なども可能です。庭が狭くても廊下を繋げて家を囲むようにすれば、圧迫感がなくなり廊下をテラス代わりにするということも可能です。
このように自由があるのもメリットです。タイルや壁紙なども選べますし、明るさを重視したいなら窓を大きくしたり、天窓を作ったりということもできます。多少費用はかかりますが、高齢者がいる家庭はバリアフリーに、ペットと暮らす家を建てたいならペットにやさしい家にすることもできます。

費用をかけても建てたい!注文住宅


実際に注文住宅を建てた人の多くは、こだわって選んで良かったと納得している方がほとんどです。住宅ローンを組めば憧れのオーダーメイド住宅に住むことができます。注文住宅を建てるには、まずどこのハウスメーカーを選ぶかが重要になります。大手の方が信頼と実績があるイメージですが、意外と小規模でも評判がいいところはあります。
選ぶ時は、実際に家を注文した人の体験談や口コミをチェックするのがおすすめです。相談するところから家が建つまでの様子をブログで紹介している人もいますので、いろいろな意見をチェックしておくと、自信が悩んだときに役立つかもしれません。ハウスメーカーのホームページに紹介されている体験談や口コミには、何が決め手になったかなども紹介されていますので、出来るだけ多くの意見をチェックしておきましょう。
設備にこだわりたい場合は、どんな設備や仕様があるのかも確認しておくと安心です。家を建てる時に使う断熱材にもいろいろな物があります。そこのハウスメーカーは何にこだわり、どんな材質を使っているのか、どんなメリットがあるのかなども確認しておきたいところです。環境にやさしいことも大切ですが、住む人にとって快適であることも重要です。また、新しい家でも地震があった時のために耐震性も重要です。どこまでの地震に耐えられるのかなど、安全面でも希望に添って耐震対策を取り入れられるのは大きなメリットですし、安心につながります。こだわりもどこまで取り入れられるのかはハウスメーカーによっても変わりますので、どこまで希望に応じてもらえるか事前によく確認しましょう。

PC表示に切り替える