注文住宅のモデルハウスを見学する理由とは?
TOP > コラム > 注文住宅のモデルハウスを見学する理由とは?

注文住宅のモデルハウスを見学する理由とは?

注文住宅を建てるならモデルハウスを必ず見よう


モデルハウスとは、住宅展示場にある見学のための住宅のことです。そもそもなぜモデルハウスがあるのかといいますと、ハウスメーカーが住宅の販売をするときに、仕様や設備などを購入検討者が比較しやすいようにするために事前に建てておきます。最近はたくさんのバリエーションのものがあり、平屋や輸入住宅、ログハウスなど多岐にわたって展示されていることもあります。
実際にモデルハウスを建てることによって、漠然とした新築のイメージが具体的になりますので、より正確に新築を建てるときのシミュレーションの材料になります。したがって、実際に家を建てたときの雰囲気を感じることができるので、ハウスメーカーに直接質問をすることもできます。住宅の購入というのは一生の買い物なので、納得がいくように必ず見学にいくといいでしょう。
実際に注文住宅を購入するときには、事前にモデルハウスの見学をしておいた方がいいのですが、それは以上のような理由があるからです。ただ、実際は自分の予算に合わせた住宅になるので、見学したモデルハウスのようなイメージ通りにいかないことがあります。実物を見ることは、要望をより具体的にすることにもつながり、見学に行ったときに自分好みの設備があったら設計時にその希望を伝えることができるというようなメリットもあります。
小さなサンプルで素材を見るよりは、完成図を見た方がずっとわかりやすいので、もしもカタログなどを見て良いと思ったものがあれば、自分の目でチェックするといいでしょう。実際に見学に行くことによって、使い心地なども納得できます。カタログだけでは伝わらない質感や素材なども実際にわかるようになるので、いくつか見学することをお勧めします。体験を通じて様々なタイプのデザインや仕様に出会うことができ、徐々に要望が形になっていくことが見学する目的とも言えます。

注文住宅のモデルハウスを見学するための方法とは?


実際に自分が注文住宅を購入する場合、モデルハウスの見学に行くときには、どのようにして見学すればいいのでしょうか。もちろん面白そうだからなんとなく行ってみるというモチベーションでもいいですが、将来のことを考えるのであればなるべく目的を持って見学に行くことをお勧めします。そのためには、事前にチェックポイントをメモに書き出しておくといいでしょう。自分のこだわりや理想通りの注文住宅を建てるための重要なポイントは何なのかをあらかじめ理解しておくことが大事です。
実際に見学するモデルハウスが購入する予定の住宅と似ているのであれば、家具と間取りのバランスを見ておくことが大事です。実際にここに住んでみたときは、どのように過ごすことができるのだろうと頭の中でイメージしながら見学するのと、ただなんとなく見学するのとでは入ってくる情報が異なってきます。実際に見学して室内を動きまわり、動線の良さや収納などもしっかりとチェックするといいでしょう。また、写真を撮って記録を残しておくと後で役立つので気になる設備があったらぜひ撮影しておきましょう。たくさんの住宅を無料で見学できるのが住宅展示場のメリットなので、できるだけ多くの判断材料を持つために積極的に住宅展示場に通うことをおすすめします。
また、今住んでいる住宅をリフォームするときにも、流行や人気のある設備を取り入れることができるので、リフォームを考えている方でもモデルハウスの見学をするメリットはあります。予算が決まっているのであれば、予算の範囲内でデザインや設備を選択することもできます。

注文住宅のモデルハウスを見学するときの注意点とは?


注文住宅のモデルハウスを見学するときには、購入する予定のある家具のサイズを事前に測っておくとイメージを具体化するのに役立ちます。また、間取りや間口のサイズを確認するためにも、メジャーをなるべく持っていくようにすることが大事です。事前にハウスメーカーの担当者に質問したいことを考えておくといいでしょう。そうすれば質問漏れもなくなりますし、目的意識もより明確になります。
見学するときはなるべく軽装にすることも大事です。実際に動きまわったり座ったりするときに荷物がたくさんあるとなかなか思うように動くことができないので注意しましょう。特にチェックしておきたいのは、壁や床材など住宅の基盤となるものです。床材や壁などは非常に重要な部分なのでしっかりとチェックしておきましょう。また、耐震や断熱、遮音などは快適に過ごすためには必要な要素なので、素材や特徴について、担当者にしっかり確認しておきましょう。下手に妥協してしまうと後になって住みにくい家になってしまうことがあるので、見学するときには重要視するポイントでもあります。
また、担当者の説明がわかりやすいかどうかや、質問したときに的確に答えてくれるのか、仮にわからないことがあったらきちんと調べて後日回答してくれるのかなどもしっかりとチェックしておきましょう。後悔しない家造りのためにも、こういった点についても妥協はしない方がいいです。

PC表示に切り替える