愛知県で人気のベッドタウン岡崎の一戸建てをお探しの皆様へ
TOP > コラム > 愛知県で人気のベッドタウン岡崎の一戸建てをお探しの皆様へ

愛知県で人気のベッドタウン岡崎の一戸建てをお探しの皆様へ

ライフプランと理想のマイホーム



日本有数の大都市愛知県名古屋市には数多くの企業と関連施設が集い、周辺のベッドタウンでマイホームを考える方もみられます。特に交通アクセスに優れ、お子さまを育てる環境としても整備されている岡崎市は人気スポットの一つで、多くの不動産業者が一戸建て分譲住宅の販売に力を注いでいます。区画整理を含む古い住宅の取り壊しから新築が積極的に進められていますが、それでも岡崎での暮らしをライフプランに描いているご家族のニーズには総数が追いつかず、魅力的な物件は情報解禁から短い期間で売約状態となる状況が続いています。

こうした状況はとりわけ、現在他の地域すなわち離れた場所で暮らしつつ、岡崎の住宅情報を収集し確認したい方々にとっては大きなハンディキャップのほかなりません。インターネットが普及した今日、画面上で直近の情報を確認する事こそ可能ですが、土地勘のない地域周辺の各施設の充実度など、プラスアルファの確認すべき情報に関しては、必ずしも十分な作業が約束される訳ではありません。

マイホームは一生の大きな買い物であり、購入の最終決定に至るまでには十分な検討が不可欠ですが、人気が集中する地域では時間的余裕が与えられず、後々になって後悔の念など負の感情が湧き上がるリスクとの対峙が避けられません。こうした悪しき展開を回避する意味でも、地域に精通した豊富な実績と確かな信頼が評判の専門業者を窓口に、必要とする情報プラスアルファを確認しながら、確実に候補となる物件を絞り込む作業上の流れが欠かせません。ここでは愛知県下でもとりわけ人気が高い岡崎市周辺で一戸建て住宅をお探しの皆様に向け、ぜひ押さえていただきたいポイントをご紹介申し上げます。



現物確認からの契約を



新築一戸建てにおける分譲住宅を購入の場合、既に完成した物件を現地に出向いて内覧、もしくはいわゆる注文建築すなわち、エンドユーザーが確保した土地の上に、理想とする家屋を設計から建設する2通りの選択肢が存在します。ですがここでネックとなる現状として、前者と後者の顧客対応を1社で賄う事が可能な業者は自ずと限られてしまう現実が存在しており、結果的に複数の業者と同時進行で折衝を余儀なく強いられる、これが購入者側の現状です。マイホームは人生最大の大きな一生の買い物に他ならず、可能な限り「わがまま」の範疇と捉えられても仕方ない希望でも、可能な限りクリアしたくて当然です。

ましてやベッドタウンとして人気の地域である岡崎市を希望地域とすれば、建て売り物件の争奪戦は半端ではありません。分譲情報が開示された段階で希望者が殺到し、現地確認が叶わぬさら地状態でも時に売約が成立してしまう、新築分譲マンションと同様の状況が生じても不思議ではありません。これでは現地をキチンと確認から検討したいエンドユーザーは、いわゆるスタートラインに並ぶ事さえままならず、不公平な市場環境との表現も間違いではありません。ですがこうした状況下、自社ショールームに現物のモデル空間を設置しての新築一戸建て販売のみならず、注文建築に関しても確かな実績を誇る、岡崎周辺の情報に精通した専門業者の存在が、そうした方々の希望に沿った頼れる存在として多くの方々のニーズに応え続けている事実、これを見過ごす手は無く、まずはお気軽にファーストコンタクトを取られる事をお勧めします。



業者選択のポイントは信頼感



大都市圏のベッドタウンとしての宅地開発は全国各地での急ピッチで進め続けられており、同時に古い住宅街の区画整理から新築一戸建て分譲地域の増加など、新たにマイホーム購入を視野に入れておられる方々にとっては、より多くの選択肢が存在する環境となっています。ですが絶対数が増えれば当然、その商品すなわち家屋並びに販売業者にも「優劣」が見え始めてしまうのが、私たちが暮らしている経済社会の否めぬ現実です。メディアを通じて取り上げられる、いわゆる欠陥住宅関連のトラブルも後を絶たず、エンドユーザーである私たちは何より、購入先となる業者選択に十分な注意を払い、販売価格のお得感や巧みなセールスに惑わされない姿勢が求められます。

とりわけ愛知県岡崎市のように、名古屋市中心部のベッドタウンとして人気の高い地域であれば、自ずと多くの業者が「自社の拠点」をうたい文句に、積極的な自社物件の販売に余念がありません。同時に購入希望者も集中する地域ゆえ、常に多くの新着情報が開示されたと思えば、次々と売約済みという言葉が続く繰り返しであり、結果いわゆる「売りっぱなし」的な状況に?がるリスクが否めません。

皆さまに知っておいていただきたい業者選択のポイントとしては、いわゆる「売り急ぎ」の姿勢が見当たらず、腰を据えて十分な意思疎通プラス的確な情報やアドバイスを届けてくれる業者のチョイスが欠かせません。同時に販売後のアフターフォローに関しても、自社公式サイト上で明確な記述からの配信がなされているなど、後々「言った」「言わない」と稚拙なトラブルの不安が一切見当たらぬ、凛とした姿勢が確認出来る相手を候補に選ぶ姿勢で臨んでください。

PC表示に切り替える