一戸建ては展示場からスタート
TOP > コラム > 一戸建ては展示場からスタート

一戸建ては展示場からスタート

マイホームを考えるならまずは住宅展示場から


マイホームが欲しいと思った時には、予算もありますし、条件もいろいろとあるため、いくつもの選択肢が考えられるでしょう。自分達に合ったものを選ぶということが大切ですが、夢が詰まっているということであれば、一戸建てを選ぶことになるでしょう。その一戸建てについても、建売住宅もあれば注文住宅というものもあります。どのような方法をとるにしても、自分たちの希望を叶えることができるかどうかということが重要です。高い金額を出すことになりますし、一生のうちに何度も手に入れることができるわけでもありません。だからこそ、納得できないものであったとしたら、購入には至らないでしょう。
そこで、住宅展示場を回ってみるという方法がおすすめです。そうすることで、自分達で知識をつけることもできますし、その会社の考え方も見えてくることになるでしょう。多くの情報が詰まっており、家を持ちたいと考えるのであれば、これほど適切なものはないというほどポイントとなる場所です。
ただし、ただ行ってみるというだけでは意味がありません。せっかく住宅展示場に行くのですから、ポイントを押さえておくと、大切な時間も無駄にせずに済みます。行ってみると、実際に内装や外装も見て回ることになるでしょう。ほんの少し視線を変えることでも見えてくることがたくさんあります。センスのいいものに出会うこともありますので、参考にできるように下準備をしておくことが大切です。

営業マンの相性も考えて


住宅展示場は、本当に数多くあります。休みを取って回ったりすることもあるでしょう。そんな時には、効率よく回りたいものなので、どうやって見ていくか順番を考えておくとスムーズに進めることができます。ここで大事なのは、さっと見て回るだけではもったいないということでしょう。チラシやCMなどで一度目を通しているはずなので、既に見当をつけているものや、気に入ったものもあるはずです。その場所を中心にしておくと、間違いがないでしょう。
実際に行ってみると、様々な点が気になるはずです。その時には、どんどんと写真を撮ったりメモを取ったりしましょう。せっかくの機会をもったいないものにしないためにも、質問もしておくべきです。録音用の機材を持っていくのも良いでしょう。そうすると、1カ所当たりの時間が長くなるので、回る数を限定するということも必要になってきます。
実際に行ってみると、必ず営業マンがいるでしょう。その時には、いろいろな話を聞くことになります。長い付き合いになることも出てくるので、相性を考えておくことが必要です。相性が合わないような人では、話もかみ合いませんし、自分の意図も伝わらないでしょう。これでは、一戸建てを考えていてもうまくはいかないので、いろいろと話をしながら対応力をみることが大切です。
このアンケートに答えてくださいとアンケート用紙を渡されることもあります。住所や電話番号を記入するようになっているものですが、何も焦って記入することはありません。帰り際に渡しますということで、そのまま持っていても問題はないものです。連絡先を限定したいというのであれば、メールアドレスだけ記入するということでも問題はないので、あまり気負う必要はないでしょう。個人情報であるということもハウスメーカーはわかっているのでても構いません。せっかくのチャンスなので、もっと気楽に構えた方が良いでしょう。

実際の目線を大切に


住宅展示場で話をするべき内容は、何も目に見えることだけではありません。一戸建てを作り上げるとすると、目に見えない部分がたくさん出てきます。こうした部分を質問してみると、営業マンの能力の一端が見えてくるでしょう。ありきたりの言葉だけで返されるのであれば、それまでのことと考えても構いません。しっかりと受け答えができるのが当然のことだからです。一体どんな答えが欲しいのか、それを組み取り返すのが営業マンの務めですし、満足できる一戸建てを作るのが条件なのですから、どんどん質問をしてみましょう。
住宅展示場にあるモデルハウスは、ただ見て回るものではありません。自分の家として建てるということを考えて見るべきものなので、視線をいろいろと変えてみると良いでしょう。実際生活するときには、ソファにも座るでしょう。家具も使うことになるのですから、実際の生活の視点を考えてみることが必要です。試してみるということが大切なので、何でも触って感じてみることで、設計の意図も見えてくるようになります。
最終的に重要なのは、住宅展示場は、様々なものを見せるためにできているということです。演出という部分もあるので、オプションになっているものも存在します。予算を考えるうえで、すべて取り入れればかなりの金額になってくるでしょう。オプションなのかどうかを確認していくと、想定もしやすくなります。一戸建てを考える上では、理想を詰め込めば予算をはるかに超えることも珍しくないので、しっかり確認するようにしましょう。

PC表示に切り替える