愛知(一宮・岡崎・春日井)の注文住宅は三昭堂
  • ホームホーム
  • 会社概要会社概要
  • よくあるご質問よくあるご質問
  • お問い合わせお問い合わせ
耐震設計・オール4寸柱
耐震性に優れた木造軸組工法の住まい
永く暮らす大切な我が家 見えない所も安心の住まい

オール4寸構造体・ベタ基礎OSSD工法・
基礎スペーサー通気工法・1階2階 剛床USF工法・プレカット工法・
外壁通気工法・耐震金物の使用など、
様々な工夫を凝らして住まいと人を守る家造りを実現します。

三昭堂の耐震設計

オール4寸構造体

通常、通し柱のみに使われる4寸柱(12cm角)を全ての柱に採用。柱だけではなく、梁や桁類も全て4寸巾(12cm巾)の構造材を採用しています。また、集成柱は従来の無垢柱に比べ、1.5倍以上の強度があり、構造強度が一層増します。 柱の樹種についてもより強度のある、JIS認定の構造用集成材(レッドウッド)を柱に使用しています。土台は、白蟻や湿気に強い樹種に指定されている桧集成材となります。

ベタ基礎OSSD工法

地面にかかる圧力を低減させる高耐久ベタ基礎です。
住宅公庫基準を大きく超えた15cm幅の基礎で、ベース配筋も15cmピッチを採用することで、木造住宅の中でトップクラスの強度を実現。安心の基礎づくりで地震から大切な住まいを守ります。従来の布基礎工法と比べ、基礎耐力が増強になることはもちろん、地面からの湿気の侵入を防ぎます。また、基礎通気スペーサー工法にて基礎の立ち上がりに換気口を設けずに、通常の1.3倍の通気量により、土台の腐食を防ぎ、開口部による立ち上がりの基礎に切り欠きが無いため、亀裂が入りにくくなります。

基礎通気スペーサー工法

基礎通気スペーサー工法により床下換気口を設けません。床下換気口による立ち上がりの基礎に切り欠きが無いため、基礎耐力が増強します。
また、通常の約1.3倍の通気量があるので、床下の湿気を効果的に放出し土台の腐食を防ぎます。

1階2階 剛床USF工法

1階と2階の床には、水平力に強い24mmの構造用合板を使用し、梁と床面とを一体化させた独自の剛床工法を採用しています。 さらに2階については中間に石膏ボード9.5mmと、床フロア12mmを敷き46mmの床厚を実現しました。遮音効果も上がり水平強度も倍増します。

プレカット工法

複雑な形状の切削加工をコンピュータ制御により正確に行うことで、より高品質の住まいをお届けします。
プレカット工法は、手作業による従来の木造住宅よりも2倍の耐震強度が実証されています。

外壁通気工法

防火サイディングの内側に16mmの通気層をつくり、その通気層へ構造体内の湿気を逃がす外壁通気工法を用います。
これにより、壁内の湿気による木材の劣化などを軽減させ、住宅の耐久性を向上させます。

耐震金物

接合部には、強靭な耐震金物を使用しています。また、ホールダウン金物にて基礎と土台と通し柱を緊結して一体化しています。

鋼製束

鋼製束は溶融亜鉛メッキですので、白アリや錆びに強さを発揮します。
引張り、圧縮強度ともに2t以上で、抜群の強度です。
大引き受けがゴム貼りで、大引きとの接触音(床鳴り防止)にも配慮しています。

PAGE TOP