愛知(一宮・岡崎・春日井)の注文住宅は三昭堂
  • ホームホーム
  • 会社概要会社概要
  • よくあるご質問よくあるご質問
  • お問い合わせお問い合わせ
現場発泡吹付断熱
水から生まれた環境にやさしい断熱材
硬質ウレタンフォーム(アクアフォーム)

アクアフォームは水を使って現場で発泡させます。
これにより柱と柱の間や、細かい部分にも隙間なく充填することができます。
オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使用しない、
地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。
人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、
ホルムアルデヒドも発生させません。

硬質ウレタンフォームの性能
  現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう
現場吹き付け発泡による断熱材です。
無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームは
グラスウール10Kの1.5倍以上の断熱効果を発揮します。
また透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、
躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

現場発泡吹付 イメージ
屋根面 イメージ
  高い断熱性と気密性

複雑な構造の住宅も現場吹付け発泡だから隙間なく施工できます。
また自己接着力によって躯体との間に隙間ができにくく、
長期間にわたって優れた気密・断熱性を維持します。
高い気密・断熱性をもつ住宅は省エネルギー効果が高く、
建物の暖冷房に要する光熱費を削減します。

壁面 イメージ



アクアフォーム100200(A)の仕様
断熱性能 JIS A1412 熱伝導率w/mk
(kcal/mh℃)
0.034
(0.029)
透湿性能 JIS A9526 透湿率
(ng/m・s・Pa)
16.5
燃焼特性 JIS A9526 燃焼長さ 60mm以下
燃焼時間 120秒以内

※ 性能値は測定値であり、保証値ではありません。




相当隙間面積C値(c㎡/㎡)
2.0以下※
自己接着力(kPa)
15

※ 住宅の省エネルギー基準に基づいて
    アクアフォームを施工した場合

  静かな住空間・吸音性能

アクアフォームの細かな連続気泡構造は吸音性にも優れています。
高い気密性により外部の騒音や内側からの
生活音の漏れを軽減するとともに、
アクアフォームの細かな気泡構造が音をスポンジ状の
フォーム内に拡散します。
外からの騒音の侵入や、生活音の漏れを気にすることなく
快適に暮らしていただけます。

グラフ
  従来の断熱材の概念を越えた「4つの特長」

人、環境への配慮

環境に悪影響を与えるフロンガスを使わずホルムアルデヒドも発生させない、住む人にも施工する人にも優しい断熱材

換気システムの効率化

効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、漏気の原因となる隙間をふさぎ、優れた空気環境を長期間にわたって維持します。

静かな住空間・吸音性能

硬質ウレタンフォームによる隙間のない施工で高い気密性を実現。細かな気泡構造は吸音性にも優れています。

長期間、安定した性能を発揮

連続気泡構造によりガス抜けによる収縮がなく、長期間にわたって安定した性能を発揮します。

水発砲のアクアフォーム
耐久性

半永久的に断熱性能を発揮致します

(連続気泡で中身が空気の為、収縮等の心配がありません。素材自体は経年変化に強いウレタンを使用。)
気密性

柔らかい素材な為、木材の痩せにも追従しやすく、気密性が下がりにくい素材です。柔らかいので木材を痛めません。

環境性

水で発泡する為、環境に優しい材料です。

将来性

水の力を利用して発泡するエコ商品で、住宅の省エネルギーにも貢献できる為、二酸化炭素の削減に役立ちます。

Q&Aよくあるご質問にお答えします
アクアフォームでは硬質ウレタンフォームを現場で発砲し、
吹付け施工するため細かい部分にも隙間なく充填でき、接着性も高いため安定した断熱効果を得ることができます。
差が出ることはありません。省エネルギー基準をはるかに上回る高い気密性を維持しています。
また、断熱空間が密閉されるため断熱性が高く、
木材の経年変化にも順応しやすいので耐久性が高く、メンテナンスの必要がありません。
1年を通じて、省エネルギーで快適な室内温度を保てます。隙間のない構造で家中を密閉するため、
冬場を暖房で温めた空気が逃げにくく家中が暖かです。
底冷えや部屋によって温度差が生じるヒートショックも軽減出来ます。
結露の心配はありません。アクアフォームは湿気を通しにくく、
また構造体内に隙間を作らないため壁内結露が発生しにくい安心な断熱材です。
いままでの断熱材よりも高い効果が得られます。次世代省エネルギー基準に対応可能です。
隙間ない構造で冷暖房の熱ロスが少ないため、具体的に暖冷房費で比較すると一般的な断熱住宅に比べ
ランニングコストは約1/2に抑えることができます。
隙間の生じないアクアフォームでは、従来隙間から入り込んでいた外部の騒音や
気になる内部の生活音の漏れをシャットアウト。騒音の少ないプライベート空間を維持します。
PAGE TOP